食品12-4    貝類・藻類と その加工品

食品12-4 海藻(かいそう) 食品12-4 藻類(そうるい)
食品12-4 海藻類(かいそうるい) 食品12-4 緑藻類(りょくそうるい)
食品12-4 褐藻類(かっそうるい) 食品12-4 紅藻類(こうそうるい)
食品12-4 天草(てんぐさ) 食品12-4 一重草(ひとえぐさ)
食品12-4 あおさ  食品12-4 すじ青のり
食品12-4 青のり 食品12-4 糸青のり
食品12-4 トサカノリ 食品12-4 オゴ
食品12-4 オゴノリ 食品12-4 ヒジキ
食品12-4 干しヒジキ    
天草(e-shunsai)
天草(e-shunsai)

    「海藻」とは陸上植物を除いた光合成を行う全ての生物で、根・茎・葉の区別がない藻類
    「藻類」とは陸上植物を除いた光合成を行う全ての生物のこと
    「海藻類」は当ホームページでは海産の食用に出来る緑藻類、褐藻類、紅藻類などの総称

    「緑藻類(りょくそうるい)」は葉緑素をもち光合成をする緑色した藻類でアオサ、アオノリがある
    「褐藻類(かっそうるい)」は葉緑素、カロテン等をもち、褐色の大型の藻類で冷水海を好む。コンブ、ワカメなどがある
    「紅藻類(こうそうるい)」は葉緑素、カロテンなどを持ち、紅色した藻類。オゴノリ、テングサなどがある

    「天草」はところてんや寒天の原料で、温暖な海に生育する紅藻類の海藻
    「ひとえぐさ(一重草)」は海産の緑藻で、三重県が約70%以上を養殖生産している。「あおさ」とか「青のり」と呼んで、流通しているのは「ひとえぐさ(一重草)」である
   味噌汁の実にしたり、酢・酒・醤油・砂糖・みりんなどの三杯酢で食べたり、炊きこみご飯、おかゆに入れたり、また瓶詰の佃煮などにして食べる。熱風乾燥させたものを粉末にすると、独特な香りと緑色が特徴となり煎餅などに練り込んだり、お好み焼きに使ったりする 

    「青のり」はあおさや糸青のりなどの乾燥粉末のことで、お好み焼、たこ焼などのトッピングに使う
    「糸青のり」は川で採れる海苔で、「すじ青のり」とも呼んでいる。四国の吉野川や四万十川などの河口で多く獲れ、乾燥させて粉末にして「青のり」として使用する。煎餅、おかきに練り込んだり、おはぎ、こんにゃく、お好み焼き、たこ焼きなどに使用する。また千葉県や静岡県などの一部では雑煮の上に大量に振りかける

    「トサカノリ」は本州の太平洋沿岸中・南部、瀬戸内海、九州西岸におおく分布しており。海藻の高さ20cm~30cm、幅2cm~5cm、紅色だが、熱湯に浸せば緑色これを水にさらせば白色になる 刺身のつま、サラダ、酢の物に使用する
    「オゴノリ」は「オゴ」とも呼ばれ、日本各地に分布する。紅藻類の仲間で高さ20cm~30cm、太さ2mmで髪の毛状で、刺身のつまや寒天の原料となる。オゴノリを食べて嘔吐、下痢、血圧低下によって死亡事故が起こり、石灰処理したものが販売されている

   ヒジキ」は褐藻類のホンダワラ科の海藻で、日本をはじめ中国、朝鮮などの東アジアなどに分布している。外洋に面した波の荒い岩場に生えており、高さ50cm~100cm、太さ3cmほどで茶褐色である
   食用には黒色の干しひじきを使うが、水に戻してからひじきの五目煮、ひじきご飯にする。 ヒジキにはカルシウム、鉄分、カリウムが豊富に含まれているが、有害な砒素も含まれているため、カナダやイギリスなどでは摂取を控えるように勧告している
    「干しヒジキ」は刈り取ったひじきを天日で干す。それを水洗いして蒸し、そして乾燥したもの