食品13-3  練り製品・水産物(醤油漬け・塩漬など)

食品13-3 おでん種  
食品13-3 種(たね)
食品13-3 竹輪麩(ちくわぶ)  食品13-3 ころ
食品13-3 摘入(つみれ) 食品13-3 摘入(つみいれ) 
食品13-3 黒はんぺん 食品13-3 牛すじ(ぎゅうすじ)
食品13-3 牛すじ肉(ぎゅうすじにく) 食品13-3 すじ
食品13-3 すじ蒲鉾(すじかまぼこ)    
黒はんぺん(Shizuoka mytabi)
黒はんぺん(Shizuoka mytabi)

    「おでん種」は「種(たね)」とも言い、こんにゃく、大根、はんぺん、さつま揚げ、じゃがいも、竹輪などがある。種(たね)とは寿司、おでん、菓子などの食品の素材のことも意味する

    「竹輪麩(ちくわぶ)」は関東のおでん種の一つで、小麦粉、水、塩を混ぜて捏ね竹の棒などに巻き付け竹輪状にして、茹でたり蒸したりしたものもちっとした食感だが、クタクタに煮込んだものが好まれる
    「ころ」は関西のおでん種の一つで、鯨の皮の脂肪分を加熱して除き、乾燥させたもの
    「つみれ(摘入)」または「つみいれ(摘入)」とも呼び、いわしやさんまなどの魚のすり身に食塩、片栗粉(小麦粉)、卵などを加えてから捏ね、丸くしてから茹で上げたもの。おでん種やつみれ汁に使う

    「黒はんぺん」は鯖、いわしなどの身だけでなく皮も骨も練ってすり身にする(でん粉や塩なども加える)。それを半月状に成型して茹でると出来上がる
    「すじ」はおでん種の一つで、関西では牛すじ(牛すじ肉)、関東では「すじ蒲鉾」を指すことが多い。おでんの種の「牛すじ」は牛すじの血や汚れを水で落としたり、お湯で2~3分茹でて余分な脂肪分を落としたりしたもの。それを串に刺しておでん種に使う
    「すじ蒲鉾」は魚の肉、筋、骨などで作って茹でたもので、コリコリした歯ごたえがある