食品13-6   練り製品・水産物(醤油漬け・塩漬など)

食品13-6 塩クラゲ        
食品13-6 塩蔵クラゲ
食品13-6 塩鯖(しおさば) 食品13-6 〆鯖(しめさば)
食品13-6 しめ鯖(しめさば) 食品13-6 生寿司(きずし)
食品13-6 へしこ 食品13-6 へしこ漬
食品13-6 鯖へしこ(さばへしこ) 食品13-6 くらげの酢の物
食品13-6 くらげの和え物    
しめ鯖(Otomaru suisan)
しめ鯖(Otomaru suisan)

    「塩クラゲ」すなわち「塩蔵クラゲ」はヒゼンクラゲ、ビゼンクラゲ、エチゼンクラゲの触手などを取り除いて、真水で洗ってぬめりを取り、そして水を切る。それを塩とミョウバンを混ぜたもので漬けこんだもの

    「塩鯖」は鯖のエラや内臓を除去してから背開きをする。骨抜きしてから水洗いしてから塩を振り、箱に詰めてから凍結する
    「〆鯖(しめ鯖)」は鯖を三枚に下ろし、中骨や皮を剥いだものに、塩を振って3~8時間ほど熟成させる。それを水で洗って甘酢に浸けると出来上がる。甘酢に刻んだ生姜や淡口醤油を加えることもある。「生寿司(きずし)」とも呼び、鯖だけでなく鯵、平目なども材料として刺身や寿司タネになる

    「へしこ」は「へしこ漬」とも呼ばれ、福井県の嶺南地方(若狭)の保存食で、鯖、鰯の糠漬け。代表的な「鯖へしこ」は鯖を開き、内臓を取り出して塩漬する。糠、鷹の爪などを鯖の腹や周囲にまぶして重石をかける。半年から1年ほど熟成させる

    「くらげの酢の物」は「くらげの和え物」とも呼ばれ、中華料理の前菜の定番で、塩抜きしたクラゲを砂糖、塩、酢、ラー油、胡麻油、うま味調味料で味付けし、千切りしたハム、斜め切りしたキュウリなどを皿に盛る