食品46-1   食品添加物関連用語

食品46-1 α-リノレン酸 食品46-1 エルカ酸
食品46-1 リノール酸 食品46-1 オレイン酸
食品46-1 トランス脂肪酸 食品46-1 重合リン酸塩
食品46-1 縮合リン酸塩 食品46-1 リン酸塩
食品46-1 オルトリン酸    
オレイン酸(Soken)
オレイン酸(Soken)

    「α-リノレン酸」は必須脂肪酸で、体内でα-リノレン酸を原料としてEPAやDHAを生産することができる
    「エルカ酸」は菜種油などに含まれている不飽和脂肪酸で、大量摂取による実験では雄ラットの心筋に壊死を起こした
    「リノール酸」は不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)の一つで、コーン油や大豆油などに多く含まれている
   一時は「コレステロール値を下げ、心臓病を予防する」などと言われていたが、善玉のHDLコレステロールも同時に下げてしまう。またアレルギーを悪化させたり、熱により過酸化脂質(癌などの原因)が生じるとも言われている
    「オレイン酸」は不飽和脂肪酸の一つで、オリーブオイルやキャノーラ油などに多く含まれている。オレイン酸は悪玉のコレステロールだけを下げる性質があり、生活習慣病予防の効果がある

   不飽和脂肪酸の多い植物油や魚油は常温においては液体であるが、水素を添加することによって飽和脂肪酸の固体になる。この時に身体によくない「トランス脂肪酸」が生じる
   マーガリンもショートニングも水素を添加して製造するので、トランス脂肪酸を含んでいる(完全に水素を添加するとトランス脂肪酸は生じない)
   トランス脂肪酸の長期間の過剰摂取は、血中の悪玉コレステロールを増やして、善玉コレステロールを減少させることが指摘されてiいる。その結果心疾患のリスクを高めるといわれている。トランス脂肪酸量の表示をアメリカ、カナダなどが義務化、デンマーク、オーストリアなどは規制している

    「重合リン酸塩」とは頭に「ポリリン酸○○」「メタリン酸○○」「ピロリン酸○○」などがついたもの(「縮合リン酸塩」のことで、リン酸を加熱して脱水反応を起こしたもので、リン酸が複数以上結合したもの
   代表的なものにポリリン酸塩にはポリリン酸ナトリウム、メタリン酸塩にはメタリン酸ナトリウム、メタリン酸カリウム、ピロリン酸塩にはピロリン酸二水素二ナトリウム 、 ピロリン酸四ナトリウムなどがある
    「リン酸塩」には天然に存在しない、すなわち食品添加物由来の縮合リン酸と食品添加物由来や自然由来のオルトリン酸がある
    「オルトリン酸」にはリン酸、リン酸二水素カルシウム、リン酸水素二ナトリウム、リン酸三ナトリウムなどがある