食品47-9  食品の製造・加工関連用語

食品47-9 アルコール類 食品47-9 工業用アルコール
食品47-9 発酵アルコール 食品47-9 アルコール発酵
食品47-9 合成アルコール 食品47-9 工業用アルコール
食品47-9 糖質原料(とうしつげんりょう) 食品47-9 でん粉質原料(でんぷんしつげんりょう)
でん粉質原料(Agriculture & Livestock)
でん粉質原料(Agriculture & Livestock)

    「アルコール」は広義ではエチルアルコール、メチルアルコール、プロピルアルコールなど「アルコール類」の総称
   狭義ではアルコールはエチルアルコールを指し、国際化学命名法ではエタノール、慣用名ではエチルアルコール、日本語の名称では「酒精」と言う。アルコールは無色透明で芳香があり、お酒と同じ成分で安全である。殺菌、防かび、消毒効果があり、また水と交わり、油を溶かす


    「工業用アルコール」はお酒として飲むアルコールではなく、工業用途に使うために製造したもの。食品の防腐剤、香料、また酢の原料などに使用される。工業用アルコールにはサトウキビやトウモロコシなどの農作物などを原料として、微生物の酵母を利用したアルコール発酵を利用した「発酵アルコール」と、工業用のエチレンガスを利用した「合成アルコール」がある

    「アルコール発酵」とは糖類を酵母によってエチルアルコールと炭酸ガスに分解すること
   エタノールは「でん粉質原料」と「糖質原料」からの製造技術が一般的な方法である。とうもろこし、甘しょなどのでん粉質原料、さとうきび、糖蜜などの糖質原料があるが、アルコール発酵させる方法は糖質原料に酵母を加えるが、でん粉質原料は酵素によって糖化させ、後酵母を加えて発酵させる