食品50-7   健康に関する用語

食品50-7 ビタミンB3 食品50-7 パントテン酸
食品50-7 ビタミンB5 食品50-7 ビタミンB
食品50-7 ビタミンH 食品50-7 ビタミンB9
食品50-7 ビタミンM 食品50-7 ビタミンD2
食品50-7 ビタミンU 食品50-7 ス-パ-ビタミンE
パントテン酸(Good 'N Natural)
パントテン酸(Good 'N Natural)

    「ビタミンB3」はナイアシンと表記されることが多く、肉類、魚類、豆類多く含まれている。たんぱく質や糖質の代謝、神経や脳機能の正常化、性ホルモンの合成などに関わっている
「パントテン酸」はビタミンB5のことで、 パントテンとはギリシャ語で「どこでもある」の意味で、 普通の食事をしていれば摂取できるビタミンである
   化学的な合成法で作られ、ビタミンB5は「副腎の機能を助けて抗ストレスの働きをする」、「炭水化物の代謝」、「善玉コレステロールを増やす」、「皮膚や毛髪の保護」、「免疫力のアップ」などがある
    「ビタミンB7(旧ビタミンH)」とはビオチンのことで。「アトピー性皮膚炎の改善」、「糖尿病などを改善」する水溶性ビタミン
    「ビタミンB9(ビタミンM)」は葉酸とも呼ばれ、化学的な合成によって製造する。DNAやたん白質の生成に大きく関与しており、細胞の生成・分裂を活発化(組織形成)したりする

    「ビタミンD2」は数種類あるビタミンDの一つで、シイタケなどのキノコに多く含まれている脂溶性のビタミンである
    「ビタミンU」はキャベツの搾り汁から発見されたビタミンで、キャベジンとも呼ばれ、興和などの胃腸薬の成分でもある。正式名称はS-メチルメチオニンで食品添加物DL-メチオニンとしられ、 含硫アミノ酸の類で調味料(アミノ酸)・強化剤として使われている。玉露、ブロッコリー、カリフラワーなどに多く含まれている
    「スーパービタミンE」とはイネ科イネの米糠の油、ヤシ科アブラヤシのパーム油などより分離して得られたトコトリエノールのこと。抗酸力が高いためスーパービタミンEと呼ばれている