食品52-12   魚介類用語

食品52-12 長(こうちょう)           
食品52-12 甲幅(こうふく)
食品52-12 内子(う ちこ) 食品52-12 外子(そとこ)
食品52-12 中腸腺(ちゅうちょうせん) 食品52-12 膵肝臓(かんすいぞう)
食品52-12 味噌(かにみそ) 食品52-12 生殖腺(せいしょくせん)
食品52-12 生殖巣(せいしょくそう) 食品52-12  
蟹味噌(Sapporo kanihan)
蟹味噌(Sapporo kanihan)

    「こうちょう(甲長)」「こうふく(甲幅)」とは蟹などの大きさを測る言葉で、「こうちょう(甲長)」は蟹などの甲羅の前後の長さを、「こうふく(甲幅)」は蟹などの甲羅の幅の長さを言う

    「うちこ(内子)」とは蟹などの甲羅の中にある卵巣の事で、オレンジ色した固まりで山葵醤油をかけたりして食べる
    「そとこ(外子)」は抱いている卵のことで、プチプチした食感がある。醤油をたらしたり、そのまま食べたり、マヨネーズやポン酢であえて食べる
    「かにみそ(蟹味噌)」は蟹の脳みその事でない。甲殻類(蟹、えびなど)などの食べ物の消化を助けたり、栄養分を蓄えたりする器官を中腸腺(ちゅうちょうせん)または肝膵臓(かんすいぞう)と呼ぶ
   その部分が肝膵臓(かにみそ)である。食べていた餌により黄色っぽい色から黒色まである
    「生殖腺(せいしょくせん)」は「生殖巣(せいしょくそう)」とも呼ばれ卵巣と精巣のこと