食品56-12   塩の用語・食品に関する行政機関と法律

食品56-12 JAS規格 食品56-12 JAS
食品56-12 JASマーク 食品56-12 日本農林規格
食品56-12 品質表示基準 食品56-12 生鮮食品品質表示基準(
食品56-12 加工食品品質表示基準  食品56-12 玄米及び精米品質表示基準(
食品56-12 水産物品質表示基準 食品56-12 しいたけ品質表示基準
食品56-12 加工食品 食品56-12 生鮮食品
食品56-12 生鮮食料品    
JASマーク
JASマーク

    「JAS規格」は「JAS」とも呼ばれ「日本農林規格」のこと。農林水産物や加工食品についてJASが定める品質、生産方法、流通方法で作られていることを保証するもので、農林水産大臣が定める
   規格に合格したことを確認した製品については「JASマーク」を付けることが出来る 

    「品質表示基準」はJAS規格に定められた食品と政令で定められた食品について、製造業者と販売業者が尊守すべき基準を定め、それに基づいた表示が義務づけられている
    「生鮮食品品質表示基準」は農産物、畜産物、水産物について名称や原産地についての表示について決められているが、個別には玄米及び精米品質表示基準、水産物品質表示基準、しいたけ品質表示基準があるが、生鮮食品品質表示基準より優先する

    「加工食品品質表示基準」には名称、原材料名、内容量、賞味期限、保存方法、製造業者名(輸入品にあっては輸入業者名と原産国名)などを表示することが義務付けられているが、個別の表示基準も多い
    「玄米及び精米品質表示基準」の規定より産地、品種及び生産年、内容量、精米年月日、販売業者氏名など記載(表示)が義務付けられている
    「水産物品質表示基準」に基づいて解凍、養殖の記載(表示)が義務付けられている  
    「しいたけ品質表示基準」の規定により原木、菌床、原木・菌床、菌床・原木と記載(表示)が義務付けられている

    「加工食品」は青果(野菜・果物)、鮮魚、精肉などの生鮮食品を加工したもので、品質、保存性、栄養価などの維持や向上することによって食料資源の有効利用や安定供給が出来る 
    「生鮮食品」は「生鮮食料品」のことで青果(野菜・果物)、鮮魚、精肉などで、生で新鮮な食品のこと