食品56-2   塩の用語・食品に関する行政機関と法律

食品56-2 飽和(ほうわ) 食品56-2 飽和塩水(ほうわえんすい)
食品56-2 飽和海水(ほうわかいすい) 食品56-2 海水溶存量(かいすいようぞんりょう)
食品56-2 篩(ふるい) 食品56-2 ppt(ピ-・ピ-・ティ-)
食品56-2 pg(ピコグラム)  食品56-2 ㎍(マイクログラム)
食品56-2 mg(ミリグラム) 食品56-2 ボーメ比重計
食品56-2 食塩水(しょくえんすい) 食品56-2 塩水(しおみず)
食品56-2 塩分濃度(えんぶんのうど) 食品56-2 塩分(えんぶん)
篩(Daiki Kanaami)
篩(Daiki Kanaami)

    「飽和」は塩などを水や海水に溶かしてゆくと、一定限度で止まりそれ以上に溶けない状態を言う。1ℓの20℃の水には約359g、107℃のお湯には396gまでの塩が溶けるが、それ以上は溶けない状態を「飽和塩水」と呼ぶ
   1ℓの20℃の海水には317g、107℃の海水には330gまでの塩が溶けるが、それ以上溶けない状態を「飽和海水」と呼ぶ

   海水溶存量」とは海水に溶けているナトリウムやカルシウム、カリウムなどの物質の量をいう
    「ふるい(篩)」とは種類によって(粒径すなわち大きさによって)選別する(選り分けること)器具

    「ピ-・ピ-・ティ-(ppt)」は食品添加物、汚染物質などの濃度を表す単位で1兆分の1を表す
    「ピコグラム(pg)」は質量(g)を表す単位で1gの1兆分の1である
    「マイクログラム(㎍)」は質量(g)を表す単位で1gの100万分の1である
    「ミリグラム(mg)」は質量(g)を表す単位で1gの1000分の1である

    「ボーメ比重計」は液体の比重測定に使うもので、海水や鹹水などの塩分濃度を測るときに使う。手打ちのラーメン屋さんやにがりを使用している豆腐屋さんなどはボーメ計を利用している
    「食塩水」とは食塩と水を混ぜたもので「塩水(しおみず)」とも呼ぶ
    「塩分濃度(えんぶんのうど)」とは水に溶けている塩(塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸カルシウム、炭酸水素塩などの塩類を含める)の量のこと
    「塩分」とは料理や海水などの物の成分として含まれて塩のこと。またはその塩の量