食品1-2 砂糖・オリゴ糖・乳糖など  

食品1-2 サトウキビ 食品1-2 甘蔗(かんしょ)
食品1-2 甜菜(てんさい) 食品1-2 ビート
食品1-2 蔗糖(ショ糖) 食品1-2 スクロース
食品1-2 砂糖 食品1-2 粗糖(そとう)
食品1-2 原料糖 食品1-2 原糖
食品1-2 廃糖蜜(はいとうみつ) 食品1-2 糖蜜(とうみつ)
食品1-2 結晶缶 食品1-2 糖液
食品1-2 ファインリカー 食品1-2 シード(砂糖)
食品1-2 液糖 食品1-2  
             さとうきび(by Okinawaken)
             さとうきび(by Okinawaken)

     「サトウキビ」はイネ科の多年草で、熱帯亜熱帯キューバ、ブラジル、インドなどで栽培されている
   砂糖エチルアルコールの原料で搾り汁を利用とする。和名では「甘蔗(かんしょ)」と呼ぶ   
     「てんさい(甜菜)」は「ビート」とも呼ぶアカザ科の二年草で、ヨーロッパ北海道寒冷地で栽培されている。甜菜を洗浄後裁断して、温水の中で糖分抽出する。てんさい(甜菜)から作った砂糖甜菜糖と言う 
     「ショ糖(蔗糖)」は「スクロース」とも呼び、砂糖の主成分でぶどう糖果糖が結び付いたもの
   「砂糖」の原料はサトウキビ甜菜である

 砂糖の製造法
  サトウキビ粉砕(甜菜千切り)    ➔  ローラー圧搾 ➔ 煮詰め結晶(粗糖が出来る)   ➔  溶解    ➔  脱色・脱臭・精製(透明な「糖液」の「ファインリカー」が出来る)  ➔  糖液シード真空結晶缶に入れる  ➔  加熱濃縮 ➔   結晶育晶(大きくなる)  ➔  遠心分離器結晶(砂糖)と糖液に分ける ➔ 残った糖液結晶缶加熱濃縮を繰り返す

  種類には上白糖(白砂糖)、白双糖グラニュー糖三温糖ザラメなどがある
    「そとう(粗糖)」は砂糖原料の「原料糖(原糖)」のことで、サトウキビを絞ってから煮詰めて結晶させ、遠心分離器にかけて出来た茶色っぽいもの
    「原料糖(原糖)」は精製度が低いため、そのままでは衛生的にも食用にも使えないために、市販のそとう(粗糖)原料糖(原糖)を精製したもの

    「とうみつ(糖蜜)」はサトウキビ粗糖にするとき(搾り汁から砂糖を取った残りの液)、また粗糖を精製する工程で発生する副産物で、「廃糖蜜」とも呼ぶ
   酒類原料用うま味調味料の原料としてのアミノ酸原料用飼料用に使用する。また砂糖などの糖分を含んだ液体(シロップ)とうみつ(糖蜜)と呼ぶ。水に砂糖を加えて熱し、粘性を持たせたものも糖蜜と呼ぶこともある

   結晶缶とはの製造時に使うもので、糖液加熱濃縮する装置のこと
    「糖液」とは粗糖溶解、脱色・脱臭・精製したもので、透明で「ファインリカー」とも呼ばれている
    「シード」とは 結晶の核になるもので、粉砂糖を使う
    「液糖」とはファインリカーを更に精製したもので、異性化液糖などを指す場合もある

 食品1-1
 食品1-2 
 食品1-3
 食品1-4  食品1-5
 食品1-6  食品1-7                  
                                                                                                     食品項目インデックスへ