食品14-7  煮干し・節・削り節・魚の乾燥品

食品14-7 天日干し 食品14-7 干物(ひもの)
食品14-7 素干し(すぼし) 食品14-7 素乾し(すぼし)
食品14-7 陰干し 食品14-7 開き干し
食品14-7 開き 食品14-7 目刺
食品14-7 丸干し 食品14-7 生干し
食品14-7 一夜干し 食品14-7 味醂干し
食品14-7 くさや 食品14-7 くさや汁
食品14-7 くさや液 食品14-7  
            ウルメイワシの丸干し(by Kakita-himi)
            ウルメイワシの丸干し(by Kakita-himi)

    「天日干し」とは魚、肉、野菜、果物などを天日干したもので、代表的なものにしらす桜エビしいたけどがある
    とくに魚の内臓を取り除き、天日干したものを「ひもの(干物)」と呼ぶ
   昔からの製法である「素干し(素乾し)」はだけで味付けして、天日干したりして水分を抜いたもの(機械乾燥の製品もある)。また真夏では風通しの良い日陰で干す「陰干し」した製品もある

    鯖(さば)鯵(あじ)などの内臓を取り除いて干したものを「開き干し」または単に「開き」という
  鰯(いわし)などの内臓を取り除かないで塩水に浸け、を刺して数匹連ねて干したものを「目刺」という
   目刺のようになどの小魚を丸のまま塩水につけてから、そのまま干したものを「丸干し」と言う
    「生干し」または「一夜干し」はなどを軽く干したもので、水分が多いので柔らかい保存のために一夜干しにするのでなく、美味しくするために干す方法 
    「味醂干し」は内臓を取った秋刀魚味醂醤油胡麻などから作った調味液に浸けたものを干したもの

    「くさや」は三宅島などの伊豆諸島の名産で、独特の臭気がある。焼いたものは酒のとして一部の人には人気がある
   くさやクサヤムロ内臓をとり、水洗いして血合などを落とす。水切りして「くさや汁」にを加えて一昼夜漬ける。そして天日乾燥させる

    「くさや汁」すなわち「くさや液」は桶などにを混ぜ、クサヤムロなどを漬ける
   一昼夜おいてからで洗ってから乾かすのであるが、このときの塩水を捨てないでを加えてクサヤムロを漬ける。これを繰り返してできた発酵したで、長年貯蔵保存したものが多い

 食品14-1 
 食品14-2 
 食品14-3 
 食品14-4 
 食品14-5 
 食品14-6 
 食品14-7 
 食品14-8 s
                                                                                                            食品項目インデックスへ