食品16-16野菜2

食品16-16 食品16-16 青梅(あおうめ)
食品16-16
小梅
食品16-16
カリカリ梅
食品16-16 キャッサバ 食品16-16 椰子(ヤシ)
食品16-16 ココヤシ 食品16-16 ココナッツ
食品16-16 クチナシ 食品16-16 クチナシの実
               梅(by Kinokuniyabunzaemon)
               梅(by Kinokuniyabunzaemon)

    「」は中国原産のバラ科高木で花を楽しむ人も多いが、ここでは食用のにつて述べる
  昔から果実梅干梅酢(梅干を作るときにできる)、梅酒、そして梅肉エキスなどにする
   なお未熟な「青梅(あおうめ)」には青酸化合物を含んでおり、生食には注意すべきである
    「小梅」とは小さなのこと。の変種で花、実、葉も一般種より小振りで、「カリカリ梅」にする(大きいカリカリ梅もある) 
   カリカリ梅は表面がじゅくっとしていないで、食べるとカリッとしている


    「キャッサバ」はブラジルが原産の低木で、塊根食用として、また家畜用飼料として利用する。塊根シアン化物(青酸)を含んでいるために、加熱晒したりして除去する。
タピオカなどの原料となる
    「ヤシ(椰子)」とは「ココヤシ」を指す場合もあるが、ヤシ科の総称である。ココヤシ南国海岸沿いに植えられている高木である
    「ココナッツ」はココヤシ果実ココナッツミルクを作る原料である

    「クチナシ」は西日本から九州にかけて自生するアカネ科の常緑樹で、は熟しても裂けたりしない、すなわち口が無いが名前の由来である
    「クチナシの実」は紅黄色きんとんなどの食品の色素として使われたり、漢方の薬として使われている                                                                                                                      

食品16-1 食品16-2  食品16-3  食品16-4  食品16-5   食品16-6   食品16-7  食品16-8
食品16-9  食品16-10 食品16-11 食品16-12  食品16-13  食品16-14  食品16-15  食品16-16

                                                                                                 食品項目インデックスへ