食品16-2 野菜2

食品16-2 春の七草 食品16-2 芹(せり)
食品16-2 薺(なずな) 食品16-2 ペンペン草
食品16-2 御形(ごぎょう) 食品16-2 御形(おぎょう)
食品16-2 ハハコグサ 食品16-2 ハコベラ
食品16-2 繁縷(はこべ) 食品16-2 ホトケノザ
食品16-2 田平子(たびらこ) 食品16-2 コオニタビラコ
食品16-2 菘(すずな) 食品16-2  
           金沢のせり(by Kitagataseika)
           金沢のせり(by Kitagataseika)

    「春の七草」とはセリ、ナズナ、ゴギョウ(オギョウ)、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロのこと

    「せり(芹)」は昔からネギにはセリと言われ、春の七草の一つ。湿地に生えており、独特香りがありひたし和え物に使う
    「薺(なずな)」は高さ10cm~50cm日当たりが良い場所ならどこでも生息している。果実倒三角形三味線の撥ににているため「「ペンペン草」とも称される。春の七草の一つで七草粥天ぷらなどに使う
    「御形(ごぎょう・おぎょう)」は「ハハコグサ」とも呼ばれ、キク科二年草で全国各地に自生している。10cm~40cmの背丈で、茎葉が若いものを食用とする。春の七草の一つで七草粥に入れたりする

    「ハコベラ(ハコベ)」はナデシコ科越年草で、日本のいたるところに自生している。高さ10cm~30cm葉は卵形で柔らかく、茎葉を食用とする。春の七草の一つで七草粥や湯がいてお浸しなどに利用する
    「ホトケノザ」は「タビラコ」とか「コオニタビラコ」と呼ばれ、北海道を除く全国の水田や畔に自生している。シソ科越年草春の七草のひとつである。七草粥や湯がいてお浸などに利用する
    「菘(すずな)」は春の七草の一つでかぶの葉のこと。七草粥煮物塩漬け酢漬けなど漬物に利用する

食品16-1 食品16-2  食品16-3  食品16-4  食品16-5   食品16-6   食品16-7  食品16-8
食品16-9  食品16-10 食品16-11 食品16-12  食品16-13  食品16-14  食品16-15  食品16-16

                                                                                                  食品項目インデックスへ