食品17-6西洋野菜・中国野菜

食品17-6 テーブルビート 食品17-6 火焔菜(かえんさい) 
食品17-6 ビーツ 食品17-6 不断草(ふだんそう)
食品17-6 甜菜糖 食品17-6 砂糖大根
食品17-6 ビートパルプ  食品17-6 ビートファイバー
食品17-6 ラディッシュ 食品17-6 ハツカダイコン(二十日大根)
            ラディッシュ(by JA)
            ラディッシュ(by JA)

    「ビート」にはボルシチなどに使う青果用の「テーブルビート」、サラダにする「ふだんそう(不断草)」、砂糖の原料とする「甜菜(てんさい)」がある

    「テーブルビート」は「火焔菜(かえんさい)」とか「ビーツ」とも呼ばれ、根も葉の一部も紫紅色で、根は肥大化している。野菜の中で最も甘味が強い野菜甘酢で漬けたり、サラダボルシチなどに使う

    「ふだんそう(不断草)」は他のビートと違い根は肥大せず、サラダなどに利用する
   甜菜(てんさい)は「砂糖大根」とかビートとも呼ばれ、寒さに強くロシアなどの高緯度の地域、日本では北海道で栽培されている
    肥大化(紡錘形)して砂糖の原料となるが、甜菜から作った砂糖を「甜菜糖」と呼ぶ。甜菜圧搾・抽出した残りを「ビートパルプ」、そして葉や茎家畜の飼料として利用している
    「ビートファイバー」は甜菜から砂糖を抽出した後に残る繊維のことで、水に溶けない繊維である。砂糖抽出したあと洗浄・乾燥・粉末にしたもので、保水性の向上ハンバーグ等のドリップ防止などに使う
    「ラディッシュ」は「ハツカダイコン(二十日大根)」のことである
    「ハツカダイコン(二十日大根)」は種をまいて、二十日ほどで収穫が出来るので、その名前が付いた。根の色には赤や白があってカブの形をしているが、大根の仲間でサラダによく使われる

 食品17-1  食品17-2  食品17-3  食品17-4   食品17-5   食品17-6   食品17-7   食品17-8 
 食品17-9               
                                                                                                 食品項目インデックスへ