食品17-9西洋野菜・中国野菜

食品17-9 レモングラス 食品17-9 檸檬草
食品17-9 こぶミカン 食品17-9 こぶミカンの葉
食品17-9 カ- 食品17-9 金針菜(きんしんさい)
食品17-9 忘れ草(わすれぐさ) 食品17-9 萱草(かんぞう)
食品17-9 アイスプラント 食品17-9 オリーブ
食品17-9 グリーンオリーブ 食品17-9 ライプオリーブ
食品17-9 ブラックオリーブ 食品17-9  
        ブラックオリーブ(by a-norudo)
        ブラックオリーブ(by a-norudo)

    「レモングラス」は「檸檬草(れもんそう)」とも言われ、レモンの香りを持つ熱帯アジア原産イネ科多年草。古来から鎮静剤として、トム・ヤム・クンなどのタイ料理、カレーなどのスパイシー料理に使う。またレモン香料の原料にもなる
    「こぶミカン」は東南アジアが原産の常緑の低木で、果実緑色で表面はこぶのようにゴツゴツしている。果汁酸味が強いがカレーなどに使う
    「こぶミカンの葉」は肉厚で、柑橘類の特有の爽やかで甘い芳香を持ち、トム・ヤム・クンなどのタイ料理に使う
    「カー」は日本の生姜に似ているが、辛味が少ないが香りが強い。スライスしたものをトム・ヤム・クンなどのスープに使う
    「金針菜(きんしんさい)」は「萱草(かんぞう)」すなわち和名では「忘れ草(わすれぐさ)」のことで、ユリ科の 多年草の中国野菜(日本でも栽培している)。炒め物スープとして使う

    「アイスプラント」は南アフリカ原産で、土壌中塩分を吸収する能力があり、塩害対策のために日本へ移入した。生食すると塩味とちょっぴりと酸味があるため、栽培し易く劣悪な環境でも育ち、リンゴ酸ミネラルカロチンも豊富である。名前の由来は葉や茎が白っぽくキラキラ光っており、凍っているように見えるのが名前の由来である。サラダに利用する
    「オリーブ」は地中海原産で、モクセイ科の常緑高木の果実ギリシア、イタリア、スペインなどで、また日本では小豆島で栽培されている
   果実は楕円形緑~紫黒色と変わり、未熟果緑色のものを「グリーンオリーブ」と呼び塩漬スタッフドオリーブに使う。また熟して紫黒色したものを「ライプオリーブ(ブラックオリーブ)」と呼び塩漬搾油に使う.

 食品17-1  食品17-2  食品17-3  食品17-4   食品17-5   食品17-6   食品17-7   食品17-8 
 食品17-9               
                                                                                                 食品項目インデックスへ