食品20-6和食料理1

食品20-6 うな重 食品20-6 うな丼
食品20-6 うなぎ丼 食品20-6 かつ丼 
食品20-6 卵とじかつ丼  食品20-6 煮かつ丼
食品20-6 ソースかつ丼  食品20-6 味噌カツ丼
食品20-6 かき揚げ丼 食品20-6 づけ丼 
食品20-6 深川丼 食品20-6 深川飯(ふかがわめし)
                               うな丼(by Shigeyosi)
うな丼(by Shigeyosi)

    「うな丼(うなぎ丼)」はどんぶりに熱いご飯をのせ、その上に鰻の蒲焼を乗せてタレをかけたもの
    「うな重」は二段の重箱に、上の重鰻の蒲焼下の重には熱いご飯を詰めたもの
   または一つの箱に熱いご飯を詰め、その上に鰻の蒲焼を乗せてタレをかけたもの

    「かつ丼」とは「卵とじかつ丼」のことで、山梨では「煮かつ丼」とも呼ぶ
   割り下玉ねぎナルトトンカツ(食べ易い大きさに切ったもの)を入れて煮、そしてとじる
   店によってはグリンピース三つ葉と一緒に閉じたり、紅生姜を添えることもある

   なお福井県、群馬県、長野県などの一部では「ソースかつ丼」が提供されている
  丼ぶりに温かいご飯、そしてキャベツを盛り、その上に食べ易い大きさに切った揚げたてのトンカツをのせ、上から店独特ソースをかける。または揚げたてのトンカツを店独特のソースに十分に浸したものをご飯にのせたものもある
    キャベツの有る無しは店によって異なるし、一口かつを使う店もある
    「味噌カツ丼」は皿に温かいご飯を盛り、食べ易い大きさに切った揚げたてのトンカツをのせ、味噌だれをかけたもの。キャベツ使わなかったり。トンカツの上や下にのせたりもする

    「かき揚げ丼」は丼ぶりに温かいご飯を盛り、その上に揚げたての掻き揚げをのせ、上から、出汁味醂醤油砂糖などを混ぜ合わせたタレを上からかける
    「づけ丼」はご飯またはすし飯まぐろかじきなどを、出し汁、醤油、味醂砂糖などを混ぜた調味液に浸けたづけをのせ、その上に千切にした大葉刻み海苔をちらし、山葵を添えたもの

    「深川丼」は東京都深川で生まれたもので、ざぐぎりした青葱あさり味噌汁を熱いご飯にぶっかけたもの
   またはざぐぎりした青葱あさり味噌、醤油味醂などを煮たものを、ごと丼ぶりのご飯にぶっかけたもの  
    「深川めし」はあさり、油揚げ出し汁で煮る。その煮汁ご飯を炊いて、さきほどをのせてかき混ぜたもの、またはあさり油揚げなどを出し汁で炊いた炊き込みご飯もある

 食品20-1  食品20-2   食品20-3    食品20-4   食品20-5    食品20-6   食品20-7   食品20-8
 食品20-9  食品20-10  食品20-11          
                                                                                                 食品項目インデックスへ