食品26-9 三大○○、オードブル、珍味・ブランド、B級グルメ

食品26-9 からし蓮根 食品26-9 熊本名産からし蓮根
食品26-9 大間マグロ(おおままぐろ)    
食品26-9 トンテキ(とんてき) 食品26-9 明石焼(あかしやき)
食品26-9 玉子焼き 食品26-9 富士宮焼そば
食品26-9 広島風お好み焼 食品26-9 甲府鳥もつ煮
              辛子蓮根(Uedashoten)   
              辛子蓮根(Uedashoten)   

   からし蓮根」は熊本県の名産で「熊本名産からし蓮根」とも呼ばれ輪切りした蓮根の穴に(熊本県産)、辛子味噌を詰めて揚げた蓮根」として地域団体商標に登録した
    サクッとしたレンコンの歯ざわり、鼻にツーンとくる辛子味噌との絶妙な辛さが特徴
    食欲を増進するだけでなく栄養豊富郷土食である

    「おおままぐろ(大間マグロ)」は青森県下北半島大間沖で漁獲されるまぐろとして地域団体商標登録した
   漁獲方法などはいっぽんづり(一本釣)はえなわ(延縄)漁法内臓処置後、水氷で鮮度保持をして東京の築地市場に出荷されている
    「とんてき(トンテキ)」は三重県四日市市の名物の豚肉ステーキである
    の肩ロースの厚いステーキ状のものを、ラードにんにくを使って柔らかく焼き上げる。それを特製ソースを使って絡めて焼き上げる(大抵は一口状に切り分ける)
   B-1グランプリ(B級ご当地グルメで、地域から日本を元気にする)に出店している

    「明石焼」は明石市名物の「玉子焼」、即ち「明石玉子焼き」のことで、たこ焼粉を水でよく溶いて、それをたこ焼の焼き型(銅製)に流し込む
   上からたこを入れて形を丸く整えながら丁寧にひっくり返し、ふっくらと焼き上げる
   だし汁に浸して食べる(三つ葉小口切りしたねぎなどを加える)
   B-1グランプリ(B級ご当地グルメで、地域から日本を元気にする)に出店している

    「富士宮焼きそば」には12の特徴があるが、最低限の条件として
   ①市内の3つの製麺業者の富士宮流やきそば蒸し麺を使用(蒸した強制的冷し食用油で表面をコーティング)
   ②ラードを絞った後の肉かす焼そばに加える
   ③焼そばに振りかけるのは、いわし削り粉だし粉
   ④富士高原のキャベツを使う
    鉄板ラードを溶かして、細かくした
肉かすそしていかを炒め、その後に、キャベツ追加して炒める
    そしてを入れて胡椒して、お湯を少量入れて炒めソースを入れて混ぜる
    最後にねぎを入れもう一度炒め、仕上げに削り粉青のり紅生姜トッピングする
  
B-1グランプリ(B級ご当地グルメで、地域から日本を元気にする)で2回優勝した実績がある

       広島風お好み焼き(by Okonomimura)
       広島風お好み焼き(by Okonomimura)

    「広島風お好み焼」は鉄板の片方でお好み焼焼き、他方で湯がいた中華麵ソースで味をつけて炒めてラードカリッとさせる
    焼そばの上にお好み焼を重ねて、がカリッとするまで焼く
    空いたスペースにころ合いを見てを割って丸く拡げて、固まらないうちに焼そば下面になるように合体させる(下段真中焼そば上部お好み焼)
    が固まったらひっくり返して、甘口のソースを塗り、その上に削り粉青のり紅生姜をトッピングすれば出来上がる(いかイカ天を入れないと広島風お好み焼とはいえない)

    「甲府鳥もつ煮」は甲府市内蕎麦屋の定番メニューだったもので、鳥のもつ砂糖醤油で煮込んだものである
    地域おこしを目的とする神奈川県厚木市で開催された第5回B-1グランプリin厚木ゴールドグランプリを受賞した
     調理法はフライパンに醤油砂糖を入れて煮立て、下処理したレバー砂肝はつきんかんをいれる
    鳥のもつタレに絡めるように強火で煮詰め、タレ飴状になったら出来上がりである

食品26-1  食品26-2  食品26-3   食品26-4 食品26-5  食品26-6  食品26-7 食品26-8
食品26-9 食品26-10 食品26-11  食品26-12        

                                                                                               食品項目インデックスへ