食品3-2 植物油脂・動物油脂

食品3-2 大豆油(だいずゆ) 食品3-2 大豆油(だいずあぶら)
食品3-2 大豆オイル 食品3-2 食用大豆油
食品3-2 コーンオイル 食品3-2 コーン油(こーんゆ)
食品3-2 とうもろこし油(とうもろこしゆ) 食品3-2 とうもろこし油(とうもろこしあぶら)
食品3-2 食用とうもろこし油 食品3-2 菜種油(なたねゆ)
食品3-2 菜種油(なたねあぶら) 食品3-2 キャノーラ油
食品3-2 食用なたね油    
                            大豆油(byRiken)
大豆油(byRiken)

    「大豆油(だいずゆ)」は「大豆オイル」、「大豆油(だいずあぶら)」とも呼び、主にアメリカ大豆ヘキサンを利用して抽出する
   安価でリノール酸ビタミンEが豊富で、マヨネーズマーガリンの原料でもある。表示では「大豆油」は「食用大豆油」と記載することもある

  「コーン油(こーんゆ)」は「コーンオイル」、「とうもろこし油(とうもろこしゆ・とうもろこしあぶら)」とも呼ぶ。コーンスターチ(とうもろこしの澱粉)製造時の副産物のコーン胚芽から搾油したもので、リノール酸ビタミンEが豊富。表示では「とうもろこうらし油」は「食用とうもろこし油」と記載することもある

  「菜種油(なたねゆ)」は「菜種油(ならねあぶら)」とも呼ばれ、菜種の種子から採油したもので、かってはエルカ酸を多く含み健康問題が指摘されていた(エルカ酸は雄ラットの心筋に壊死を起こしたために)
   「キャノーラ油」はカナダ産品種菜種を絞ったを呼ぶ。エルカ酸を含まない品種でオレイン酸を多く含んでいる。表示では「なたね油」は「食用なたね油」と記載することもある

 食品3-1 
 食品3-2 
  食品3-3     食品3-4     食品3-5     食品3-6     食品3-7              

                                                                                              食品項目インデックスへ