食品36-3 和菓子

食品36-3 汁粉 食品36-3 お汁粉 
食品36-3 善哉(ぜんざい) 食品36-3 御膳汁粉(ごぜんしるこ)
食品36-3 田舎汁粉 食品36-3 栗ぜんざい
食品36-3 クリームぜんざい 食品36-3 懐中汁粉(かいちゅうしるこ) 
食品36-3 甘納豆 食品36-3 濡れ甘納豆
食品36-3 つゆ甘納豆 食品36-3 搾り豆
食品36-3 薄甘納豆 食品36-3 黒豆搾り豆
食品36-3 黒豆甘納豆


             濡れ甘納豆(by Shogeru Takagi)
             濡れ甘納豆(by Shogeru Takagi)

    「汁粉(お汁粉)」は小豆砂糖で甘く煮た(漉餡つぶし餡)を、水で延ばし白玉団子などを入れたもの
    「善哉(ぜんざい)」は小豆砂糖で甘く煮た(粒餡)に、白玉団子また甘露煮などを入れたもの
   漉餡で昔は御膳で出した「御膳汁粉(ごぜんしるこ)」、つぶし餡が多く入った「田舎汁粉」がある
    ぜんざいまたはが入った「栗ぜんざい
   冷たいぜんざいアイスクリームまたはアイスクリーム白玉団子が入った「クリームぜんざい」がある
    加糖したさらし餡あられ最中の皮で包んだものを「懐中汁粉(かいちゅうしるこ)」と言い、お湯をかけると汁粉になる

    「甘納豆」は和菓子の中で砂糖煮菓子に分類され、
小豆大納言小豆青えんどう大福豆(おおふくまめ)、金時豆などがある
     大納言小豆などを水に一日程浸けたものを、砂糖と水で煮る
     煮汁を取り出し(
砂糖を加えることもある)、煮詰めて元に戻して再度煮詰める。それを繰り返すとの中心部まで糖分が行きわたる
    そして白砂糖の中で転がすと「甘納豆」が出来る
    表面に砂糖をまぶさなく、濡れたような状態の甘納豆を「ぬれ甘納豆」とか「つゆ甘納豆」という。大抵は大納言小豆を原料としている(花園饅頭が有名)

    搾り豆(薄甘納豆)」は黒大豆を水に一日程浸けたものを、砂糖と水で煮る。煮汁を取り出し(砂糖を加えることもある)、煮詰めて元に戻して再度煮詰める。豆の中心部まで糖分が行きわたってから乾燥させると搾り豆が出来る

   人気があるのが黒豆(丹波産や北海道産が多い)で作った「黒豆納豆」、「黒豆搾り豆」がある

食品36-1 食品36-2 食品36-3 食品36-4 食品36-5 食品36-6 食品36-7 食品36-8
食品36-9 食品36-10 食品36-11 食品36-12 食品36-13 食品36-14    

                                                                                               食品項目インデックスへ