食品37-2 緑茶・紅茶・コーヒー・健康茶原料・ココア

食品37-2 食品37-2 お茶
食品37-2 茶葉(ちゃば)
食品37-2 茶葉(ちゃよう)
食品37-2 緑茶 食品37-2 不発酵茶 
食品37-2 烏龍茶(ウーロンチャ) 食品37-2 半発酵茶
食品37-2 紅茶 食品37-2 発酵茶
                    烏龍茶(by Rouran)
                    烏龍茶(by Rouran)

    「茶(お茶)」はツバキ科チャノ木の葉など(ドクダミなどの葉などを乾燥させたもの)を加工したものを利用した飲み物
  茶葉(ちゃば)茶葉(ちゃよう)とも呼び、お茶のことで、蒸したり、発酵させたり、炒ったりして飲み物に使う
   大きく分けると3種類製法がある

    「緑茶」は日本でよく飲む「不発酵茶」である。茶葉蒸したり炒ったりして、酸化を止めると緑色が保たれる
    「緑茶」は茶の栽培方法によって違いが出てくる。茶畑化学繊維で覆う「かぶせ茶」として玉露てん茶抹茶がある
    煎茶番茶ほうじ茶玄米茶茶畑化学繊維で覆わないで露天で作る
  また「緑茶」とは急須緑茶葉の入れ、その上からを注ぎ、成分を抽出した飲料のこと

    「烏龍茶(ウーロンチャ)」は中国の福建省が主の産地の「半発酵茶」である。茶を摘ん発酵しているものを加熱して発酵を止め、茶を半発酵させたもの
   製茶した烏龍茶茶葉烏の羽の様に黒褐色で、龍の如く、細長く曲りくねっているのが名前の由来である
  急須烏龍茶葉を入れ、上からを注ぎ、成分を抽出した飲料のこと

    「紅茶」はインドイギリスなどでよく飲む「発酵茶」である。完全に茶を発酵させたもので、香り高く濃い紅い色お茶になる
   紅茶の入れ方は温めたポットに人数分の紅茶茶葉を入れ、上から熱いお湯を注いで数分間蒸らす。温めたティーカップに注げば出来上がり

食品37-1  食品37-2  食品37-3  食品37-4
 食品37-5   食品37-6   食品37-7
 食品37-8








食品37-9
食品37-10
食品37-11
食品37-12
 食品37-13
     

                                                                                               食品項目インデックスへ