食品37-8 緑茶・紅茶・コーヒー・健康茶原料・ココア

食品37-8 タンポポ  食品37-8 タンポポの根
食品37-8 セイヨウタンポポ 食品37-8 チコリ-
食品37-8 月見草 食品37-8 ドクダミ
食品37-8 杜仲(とちゅう) 食品37-8 杜仲葉配糖体 
食品37-8 杜仲茶 食品37-8 はと麦
                         杜仲茶(by Kobayashiseiyaku)    
                         杜仲茶(by Kobayashiseiyaku)    

    「タンポポ」はキク科多年草黄色を付け、関東以南山野道端に自生する。全草乾燥したものは、昔から母乳の出をよくするとか、「タンポポの根」は解熱、健胃、強壮などの効果があるとして利用していた
   またノンカフェインのためにコーヒーの代用品として、また健康増進につながるとして「セイヨウタンポポ」の飲む人も多くいる
    「チコリ-」はキク科多年草で、を食用とする
   軟白栽培を利用して根株から出る紡錘形したサラダに、を炒ってコーヒーお茶として使用する(苦味があり、戦時中はコーヒーの代用)。利尿、強壮、健胃の効果があるとして健康茶に使用している

    「月見草」は南米メキシコが原産の帰化植物である。夕方白い花が咲くと翌朝には黄赤色になって萎むため、この名前がついた
    「高血圧防止などに効果がある」と言われており、お茶として飲む人が多い(ハーブ茶の原料)
    「ドクダミ」は独特な臭いがあるが、全草を乾燥させると臭いはほとんどない
    昔から煎じて飲むと「お通じをよくする薬として」また「利尿剤として」使っていた。抗菌作用もあるので、化膿した部分生葉を張り付けたりする。「高血圧予防や動脈硬化予防になる」と言われており、煎じて飲む人も多い

    「とちゅう(杜仲)」は中国原産の高木落葉樹で、この樹皮や若葉漢方薬や「杜仲茶」として飲用する。「血圧を下げる」、「肥満を防ぐ」などと言われており、健康茶に使用している
   杜仲葉から抽出された「杜仲葉配糖体」は「血圧が高い人にお勧め」として特定保健用食品関与成分でもある
    「はと麦」は熱帯アジア原産ジュズダマの変種で、食用にしたりにしたする
  鎮痛剤利尿剤としてと長年使われていた

食品37-1  食品37-2  食品37-3  食品37-4  食品37-5   食品37-6   食品37-7  食品37-8
食品37-9 食品37-10 食品37-11 食品37-12  食品37-13      

                                                                                               食品項目インデックスへ