食品38-5 日本酒・焼酎・ビールなど

食品38-5 麦酒(ビール) 食品38-5 麦酒(ばくしゅ)
食品38-5 麦什(ばくじゅう) 食品38-5 若ビール(わかびーる)
食品38-5 ホップ 食品38-5 上面発酵(じょうめん)
食品38-5 エール 食品38-5 下面発酵(かめん)
食品38-5 ラガー 食品38-5 発泡酒
食品38-5 第三のビール 食品38-5 新ジャンル
食品38-5 リキュール(発泡性)① 食品38-5 その他の醸造酒(発泡性)①
               ビール(by Suntory)
               ビール(by Suntory)

    「ビール」の定義は「麦芽、ホップおよびを原料として発酵したもの」(麦芽、ホップ、水、そしてとうもろこし馬鈴薯コウリャン糖類、カラメルなどを原料で発酵させたもの」
    ただしとうもろこし馬鈴薯コウリャン糖類などの合計量麦芽の量超えない。即ち麦芽の使用率2/3以上アルコール分20度未満.)。麦酒と表記し、「ビール」とも「ばくしゅ」とも読む(350ml缶酒税77円)

ビールの製造方法を簡単に説明しておこう
  二条大麦に水を含ませ発芽させる➔   熱風乾燥させて発芽を止める➔  麦芽を細かく砕きコーングリッツコーンスターチと混ぜて煮る➔   でん粉麦芽によって糖化される(「麦汁」という)➔    麦汁を濾過する➔    麦汁ホップを加えて煮沸する➔    5℃に冷却して酵母を加えて発酵させる➔   1週間後酵母によりアルコール炭酸ガスに分解されて「若ビール」が出来る➔ 若ビールを0℃で10日程熟成させる➔    濾過して瓶や缶に充填する

    「ホップ」はアサ科のつる性の多年生の植物で、雌株と雄株があり、雌株の花に似たようなものをビールの原料として使う
   ビール香や苦味を付けるだけでなく、保存性麦汁のたんぱく質凝固分離させて液を澄ませる効果がある

    「ビール」の発酵に使う酵母の働き方によって(酵母の種類の違い)「上面発酵(エール)」と「下面発酵(ラガー)」の二つに分けることが出来る
    「じょうめん(上面)発酵」のビールを「エール」とも呼ぶ
    酵母が盛んに炭酸ガスを出すので、発酵が進みと表面に酵母が浮かぶので上面発酵ビールと呼んでいる
    高い温度で発酵、濃く味はすっきりする
    「かめん(下面)発酵」のビールを「ラガー」とも呼ぶ
    発酵が進むと酵母が沈むために下面発酵ビールと呼んでいる。大規模生産向きで日本のビールのほとんどはこのタイプである
   低い温度で発酵、爽やかな切れがある

   最近は酒税の安いビール発泡酒第3のビールなどが販売中である
    「発泡酒」は日本のビール安い外国産ビール対抗するために、酒税が安い発泡酒を売り出した
    味は落ちると言われているが、価格が安いために大ヒットした。そのため酒税が落ち込んだために、政府は発泡酒に対しての酒税改定などを行った
    発泡酒の定義は「原料の一部麦芽またはを使用してあれば、他は何でも使用可
    麦芽の使用量には定義が無いが、使用率により税率が変わる酒類アルコール分20度未満1ℓ当たり酒税麦芽比率50%以上222円、50%未満25%以上178.125円、25%未満134.25円(ビールは222円、)

    「第三のビール(新ジャンル)」は酒税改定のために発泡酒の売れ行きが鈍ったために、それに対抗するために作ったビールである
   発泡酒より酒税が安くビール風味や喉越しを持った麦芽以外の原料に使ったり、発泡酒に別のアルコールを混ぜたりしたビールである
    ビール、発泡酒以外の酒類で発泡性を有するものでアルコール分が10度未満エキス分が2度以上のもの。次の二つがある
    「リキュール(発泡性)①」は麦芽を原料とする発泡酒(使用率50%未満)に大麦小麦などの麦由来から作ったスピリッツ焼酎を加えたもの
    「その他の醸造酒(発泡性)①」は糖類、ホップ、水および大豆たん白、えんどうたん白、とうもろこしなどを発酵させたもの

食品38-1  食品38-2  食品38-3  食品38-4 食品38-5  食品38-6  食品38-7 食品38-8
食品38-9              

                                                                                               食品項目インデックスへ