食品45-1 食品関連用語2

食品45-1 保存 食品45-1 冷蔵
食品45-1 冷蔵庫 食品45-1 冷凍
食品45-1 冷凍庫 食品45-1 チルド
食品45-1 チルド食品 食品45-1 レトルト食品
食品45-1 レトルトパウチ食品 食品45-1 冷凍食品
食品45-1 調理冷凍食品 食品45-1  
                                レトルト食品(by glico)
レトルト食品(by glico)

    古来から魚、野菜、果物長期間に「保存」する方法に、天日干し、さくらのチップなどを利用した燻製天然氷や冬の冷気を利用した冷蔵、冷凍、また塩漬味噌漬醤油漬酢漬砂糖漬麹漬粕漬糠漬オリーブオイル漬などがある

    「冷蔵」は食品などを-2℃(凍結点)前後まで冷却することで、微生物酵素の活動を遅らせて鮮度保持出来る。家庭では「冷蔵庫」やドライアイスアイスを利用して食品を冷蔵する
    「冷凍」は-15℃~-18℃まで食品などを冷却することで、食品を長期間保存出来る。欠点は解凍する時に加えるために、品質が落ちることである
    食品冷凍する時は家庭では「冷凍庫」など利用する
    「チルド」とは食品を凍結寸前まで冷却することで、5℃以下凍結しない程度保存である(食品などの鮮度温度が低くなるほど防げる。でも冷凍してしまうと解凍時に品質の劣化を招く恐れがある)

    仕事を持つ主婦にとって、温めるだけで食卓に出せる「チルド食品」「レトルト食品」「冷凍食品」は大変便利なものである。これらはそれぞれ適した包装、温度が決められている
    「チルド食品」は食品を5℃以下(-5℃~5℃)冷蔵したもので、餃子ハンバーグミートボールなどがある 
    「レトルト食品」は「レトルトパウチ食品」とも言われ、食品品質表示基準によると「プラスチックフィルム若しくは金属はく又はこれらを多層に合わせたものを袋状その他の形状に成形した容器気密性及び遮光性を有するものに限る。)に調製した食品を詰め、熱溶融により密封し、加圧加熱殺菌したものをいう」とあり、常温で販売されている 
    「冷凍食品」の「調理冷凍食品」は食品品質表示基準において「農林畜水産物に、選別、洗浄、不可食部分除去、整形等の前処理及び調味、成形、加熱等の調理を行ったものを凍結し、包装し、及び凍結したまま保持したものであって、簡便な調理をし、又はしないで食用に供されるものをいう」とある。-18℃以下冷凍する

 

食品45-1  食品45-2  食品45-3  食品45-4 食品45-5  食品45-6  食品45-7 食品45-8
食品45-9 食品45-10            
                                                                                               食品項目インデックスへ