食品49-2 塩の用語など

食品49-2 蒸発乾固 食品49-2 加熱減量
食品49-2 加熱工程  食品49-2 飽和
食品49-2 飽和塩水  食品49-2 飽和海水
食品49-2 海水溶存量 食品49-2 篩(ふるい)
食品49-2 ppt(ピ-・ピ-・ティ-) 食品49-2 pg(ピコグラム) 
食品49-2 ㎍(マイクログラム) 食品49-2 mg(ミリグラム)
食品49-2 ボーメ比重計 食品49-2  
ボーメ比重計(by Nisso)
ボーメ比重計(by Nisso)

    塩においての「蒸発乾固」とは、海水の水分をすべて蒸発させてにすること
    「加熱減量」とは簡単に言えば水分のこと
    「加熱工程」とは製塩時熱を加える加工段階をいう。イオン交換膜などで濃い塩水(鹹水)を作る。その濃い海水真空式蒸発缶平釜を加えて塩を析出させる

     「飽和」はなどを海水溶かしてゆくと、一定限度で止まりそれ以上に溶けない状態を言う。1ℓ20℃の水には約359g107℃のお湯には396gまでの塩が溶けるが、それ以上は溶けない状態を「飽和塩水」と呼ぶ
    1ℓの20℃海水には317g107℃の海水には330gまでのが溶けるが、それ以上溶けない状態を「飽和海水」と呼ぶ

    「海水溶存量」とは海水に溶けているナトリウムカルシウムカリウムなどの物質の量をいう
    「ふるい(篩)」とは種類によって(粒径すなわち大きさによって)選別する(選り分けること)器具

    「ピ-・ピ-・ティ-(ppt)」は食品添加物汚染物質などの濃度を表す単位で1兆分の1を表す
    「ピコグラム(pg)」は質量(g)を表す単位で1gの1兆分の1である
    「マイクログラム(㎍)」は質量(g)を表す単位で1gの100万分の1である
    「ミリグラム(mg)」は質量(g)を表す単位で1gの1000分の1である

    「ボーメ比重計」は液体の比重測定に使うもので、海水鹹水などの塩分濃度を測るときに使う。手打ちのラーメン屋さんにがりを使用している豆腐屋さんなどはボーメ計を利用している

食品49-1  食品49-2  食品49-3  食品49-4 食品49-5  食品49-6  食品49-7 食品49-8
食品49-9 食品49-10 食品49-11 食品49-12        

                                                                                               食品項目インデックスへ