食品8-7牛肉、豚肉、鶏肉・その加工品

食品8-7 鴨(かも) 食品8-7 鴨肉(かもにく)
食品8-7 真鴨(まがも) 食品8-7 家鴨(あひる)
食品8-7 合鴨(あいがも) 食品8-7 合鴨農法(あいがものうほう)
食品8-7 雉肉(きじ肉) 食品8-7 七面鳥(シチメンチョウ)
食品8-7 七面鳥肉(しちめんちょうにく)
食品8-7 ターキー
食品8-7 イノシシ 食品8-7 猪肉(いのししにく)
食品8-7 山鯨(やまくじら) 食品8-7 猪豚(いのぶた)
                                       合鴨農法(by Kantounousei)
合鴨農法(by Kantounousei)

     「鴨(かも)」はカモ科マガモなどの首は長くなく、雌雄で羽の色彩が異なる小型な水鳥のことで、多くは渡来する                                 「鴨肉(かもにく)」は野生のを意味するが、大抵は家鴨(あひる)合鴨(あいがも)の肉が多い。これらは鴨鍋治部煮鴨南蛮に利用する                    
   「真鴨(まがも)」はカモ科の鳥で、シベリアから渡来し北海道から本州にかけての湖沼などで越冬する
     「家鴨(あひる)」はマガモを改良して家禽化したもので、アヒルは太っているが鴨は痩せている
     「合鴨(あいがも)」はアヒルマガモを交配させたもので、食用にしたり、草や害虫を食べさせる「アイガモ農法」に使う。人間が人為的に作った種類のため、放鳥は禁じられており、シーズン後は食用にする

     「雉(きじ)肉」は養殖ものがほとんどであるが、鴨肉鶏肉よりがなく、身も締まって嫌な匂いも少なくあっさりした味である

    「七面鳥(シチメンチョウ)」はカナダ南部からメキシコに生息する鳥で、野生の鳥を家禽にしたもの。「七面鳥肉」を「ターキー」と呼ぶが、肉はパサパサしているが、脂の乗るクリスマス頃にローストして食べる

     「イノシシ」はイノシシ科の哺乳類で、体長は1m~1.5m、体は太くがあり、黒褐色剛毛がある。森林などに生息しており、雑食性夜行性であるが、木の根穀物などを主に食べるがを求めて田畑を荒らす
    イノシシの肉を「猪肉(いのししにく)」とか「山鯨(やまくじら)」とよび牡丹鍋などに利用する
またイノシシブタ交配種を「猪豚(いのぶた)」と呼ぶが、あっさりしており、臭みがなくがない

  食品8-1    食品8-2     食品8-3    食品8-4    食品8-5    食品8-6    食品8-7    食品8-8 
  食品8-9   食品8-10    食品8-11           
                                                                                                   食品項目インデックスへ