食品1-12   砂糖・オリゴ糖・でん粉・ブドウ糖・麦芽糖など

食品1-12 スターチ           
食品1-12 糖化用(とうかよう)
食品1-12 澱粉(でんぷん) 食品1-12 でん粉
食品1-12 デンプン 食品1-12 加工でん粉
食品1-12 加工でんぷん 食品1-12 加工澱粉(かこうでんぷん)
食品1-12 加工デンプン 食品1-12
でん粉(Hokuren)
でん粉(Hokuren)

    「でん粉」は「スターチ」とも呼ばれ、緑色植物の根、茎と果物の実の中に含まれているもので、食品に使われる。でん粉の原料はとうもろこし、じゃがいも、小麦、米、キャッサバ、さつまいもなどがある。原料の農産物をすりつぶし、でん粉以外の成分(繊維、油分、タンパク質)を取り除いてやると高純度のでん粉が出来る
   でん粉の用途の多くは糖化用(ぶどう糖、水飴、異性化糖の原料)、また食品の増量、増粘(粘り、とろみ)、結着(つなぎ)、安定、ゲル化(固める)などがあり、食感、固さ、軟性を保ち、鮮度の保持に役に立つ

   物理的、酵素処理したでん粉(酸処理、アルカリ処理、漂白処理といった加水分解程度の簡単な加工は食品扱いで、食品表示は「デンプン」「澱粉」「でんぷん」「でん粉」である

   化学的に加工した食品添加物扱いの「加工でん粉」もある。加工デンプンの用途としては、増粘剤、安定剤、ゲル化剤、糊料、乳化剤などがある
   代表的な表示は「増粘剤(加工でん粉、加工澱粉、加工でんぷん、加工でん粉のいずれか)」、乳化剤として使用すると「乳化剤」と表示される