食品1-8  砂糖・オリゴ糖・でん粉・ブドウ糖・麦芽糖など

食品1-8 オリゴ糖        食品1-8 イソマルトオリゴ糖
食品1-8  ガラクトオリゴ糖 食品1-8 大豆オリゴ糖
食品1-8  乳果オリゴ糖(にゅうかおりごとう) 食品1-8 ラクトスクロース
食品1-8  ビートオリゴ糖 食品1-8 ラフィノース
食品1-8  フラクトオリゴ糖 食品1-8 グルコオリゴ糖
食品1-8 α-グルカンオリゴサッカリド  
(ビートオリゴ糖)Nippon beet sugar
(ビートオリゴ糖)Nippon beet sugar

    「オリゴ糖」は日常食べている米や小麦などの穀物、野菜、果物、発酵食品にも含まれている
   オリゴ糖は小腸で吸収されにくく、ビフィズス菌などの腸内善玉菌を増やす整腸効果があり、健康食品をはじめ乳児用調整粉乳などにも使用している     
   オリゴ糖にはいろいろなものがあり、原料と製造方法によって名前と特徴が違う
   ここに記載されている オリゴ糖は特定保健用食品の関与成分(お腹の調子を整える)である(グルコオリゴ糖は特定保健用食品ではない)

   ブドウ糖、果糖が1個のものを単糖類という。単糖類が2~10個程はオリゴ糖(砂糖や麦芽糖も仲間)、それ以上のものを多糖類と呼んでいる

    「イソマルトオリゴ糖」はでん粉を原料に、微生物の酵素を作用させて製造する
    「ガラクトオリゴ糖」は乳糖を原料に、微生物の酵素を作用させて製造
    「大豆オリゴ糖」は大豆を水で抽出して製造
    「乳果オリゴ糖(ラクトスクロース)」は牛乳中の乳糖とサトウキビに含まれるショ糖を原料に、微生物を作用させて製造
    「ビートオリゴ糖(ラフィノース)」は甜菜の糖蜜から抽出して製造
    「フラクトオリゴ糖」の原料はショ糖で微生物の酵素を利用して製造

    「グルコオリゴ糖」はでん粉を糖化したマルトースとショ糖に、酵素を作用して得たもの。さわやかな甘味があり、いろいろな食品に使用する
   化粧品の機能性保湿成分で「黄色ブドウ球菌の悪玉菌を肌に付着するのを阻害し、かつ善玉菌の表皮ブドウ球菌の肌に付着するのを促進させる」効果がある
   化粧品にはα-グルカンオリゴサッカリドと表示