食品10-7   海水魚

食品10-7 鱈(たら)      
食品10-7 真鱈(マダラ)
食品10-7 スケトウダラ 食品10-7 スケソウダラ
食品10-7 鰈(かれい) 食品10-7 ヤナギムシガレイ
食品10-7 ヤナギカレイ 食品10-7 山鰈(やまかれい)
食品10-7 笹鰈(ささかれい) 食品10-7 若狭鰈(わかさかれい)
食品10-7 温泉カレイ 食品10-7 真鰈(まがれい)
食品10-7 大鮃(おひょう) 食品10-7 カラスガレイ
食品10-7 エゾカラスガレイ 食品10-7 平目(ひらめ)
食品10-7 縁側(えんがわ)    

 

鱈(Tohoku  umaimono)
鱈(Tohoku umaimono)

    「鱈(たら)」はタラ科の鱈類の総称であるが、「真鱈(マダラ)」を指すことが多い。日本では中部以北に生息しており、体長は100cm~120cmの大きさになる
  鍋物、焼物、フライ、味噌汁などに利用する。また雌より雄が、すなわち白子が珍重され鍋物や寿司タネや酢の物に使う
    「スケトウダラ」は「スケソウダラ」とも呼ばれ、日本海北部から北太平洋に生息している
体長は60cmほどで、身はすり身にして魚肉練り製品に、また卵巣は辛子明太子の材料となる

    「鰈(かれい)」はカレイ科の総称で、寒帯を好むがインド洋で生息する種もあり、海底に生息している
   特徴は成長すると目が体の右側により、体は平らになる。 眼のある側は暗褐色で斑紋があり、生息場所によって体表を変える(反対側は白色)
   代表的ものとしてマガレイ、ヤナギムシカレイ、オヒョウなどがある。煮つけ、刺身、焼魚にする

    「ヤナギムシガレイ」は「ヤナギカレイ」とも「山鰈」とも呼ばれ、体色は淡い褐色で口は小さく、30cm前後で柳の葉のように似ているため名前が付いた
   島根県では「笹鰈(ささかれい)」福井県では「若狭かれい」と呼び、小さいものより大きいものの方が市場では喜ばれ、特に卵を抱いたものは珍重される。生干ししてから焼いて食べたり、小さい物は唐揚にする
    「温泉カレイ」は小振りな鰈(かれい)の中骨を抜いて干したもので、食塩、ソルビット、グルタミン酸Naなどで味を付けてある。北陸温泉郷の旅館で出される朝食の定番メニューである

    「真鰈(まがれい)」の両目は右側にあり青みがかった黒褐色、裏側は白色である。体長は30cm~40cmで東シナ海から北日本に生息するが、北海道や東北の一部では人気のある魚である。煮付けや塩焼きとしてよく使う
    「大鮃(おひょう)」はカレイ科の日本産の最大のカレイで、北海道以北の水深300m~2000mに生息している。体長は100cm~250cmの大きさで、右側に両眼があり、体色は濃褐色である。ムニエルやフライとして利用する
    「カラスガレイ」は「エゾカラスガレイ」とも呼ばれ、体表が黒っぽい色をしている。房総半島以北から北極海にかけて生息しており、体長は1mを超える
多くは輸入魚で値段は安く、加工原料としてまた回転寿司の縁側として人気がある

    「平目(ひらめ)」は千島列島から東シナ海の砂泥地に生息しており、砂地に潜らないときは、砂地と同じような暗褐色と模様になる
  体長は80cm~1mで、両目は左側にあり(ヒラメに右カレイ)、口は大きくて歯は鋭い。雄より雌の方が大きく、高級魚であるが養殖物も多く、刺身、昆布締め、また縁側も食べる
    「縁側(えんがわ)」とは平目などの鰭(ひれ)の付け根の部分の身で、脂が乗りコリコリした歯ごたえのある部位。刺身と一緒に提供されたり、寿司ネタに使う
   回転鮨の縁側はカラスガレイの縁側で、ヒラメと比べて格安の値段である