食品11-3  淡水魚・海老・甲殻類・腔腸類・頭足類など

食品11-3 老(蝦/えび)            
食品11-3 蝦蛄(しゃこ)
食品11-3 甘海老(あまえび) 食品11-3 北国赤海老(ほっこくあかえび)
食品11-3 ナンバンエビ 食品11-3 牡丹海老(ぼたんえび)
食品11-3 富山海老(とやまえび) 食品11-3 大正海老(たいしょうえび)
食品11-3 高麗海老(こうらいえび) 食品11-3 車海老(くるまえび)
食品11-3 バナメイ海老 食品11-3 芝海老(しばえび)
食品11-3 ブラックタイガー 食品11-3 牛海老(うしえび)
食品11-3 桜エビ(さくらえび) 食品11-3 白エビ(しらえび)
食品11-3 アキアミ   小海老(こえび)
甘海老(Tadamura suisan)
甘海老(Tadamura suisan)

    「えび」は海老とも蝦とも書かれ、甲殻類の頭胸部と腹部に分かれる節足動物の総称である。キチン質の殻に覆われており、河川、湖沼、海に2500種類の海老が生息しており、大量の海老を輸入している
   大型なエビとしてアメリカロブスター、ヨーロピアンロブスター、伊勢エビなどが、中型のものとして車えび、ブラックタイガー、大正エビなどが、小型なものとして桜エビなどがある。養殖ものも多く、そのまま焼いたり、フライにしたり、天ぷら、お造りなどにする
    「蝦蛄(しゃこ)」は甲殻類のしゃこ科の節足動物で、北海道から台湾にかけての内湾の泥底に生息する。海老類に似ており、頭部先端には二対の触角と複眼がある。塩茹でして殻を剥いたものを寿司タネとして使う

    「あまえび(甘海老)」とは「ほっこくあかえび(北国赤海老)」のことで、体の色や形が熟した赤唐辛子に似ているので「ナンバンエビ」とも呼んでいる。日本海では島根県以北、太平洋では宮城県以北、そして北海道、ベーリング海、アラスカなどに生息している。体長は11cn~12cmで紅いピンク色をしており、幼少のときは(5年ほど)雄であるが、交尾後雌に性転換する
   市場で販売されている11cn~12cmのものはほとんどが雌である。殻が柔らかいので身離れがよく、甘味があり刺身や寿司ネタとして食べることが多い
    「ぼたんえび(牡丹海老)」は太平洋側で漁獲される希少価値のある大変高価なえびである。色はオレンジに近く体長は20cmほどで、大変甘味があり刺身や高級寿司ネタに使用する。しかし高級鮨店や市場に出ているぼたんえび(牡丹海老)は「とやまえび(富山海老)」がほとんどである
    「とやまえび(富山海老)」は、富山湾で初めて研究採取されたので、とやまえびと名前が付いた。福井県以北に生息しており淡紅色で、不規則な斑紋があり、幼少のころは雄で交尾後雄に性転換する。体長は17cm~25cmで高級寿司ネタ、刺身に使われる

    「たいしょうえび(大正エビ)」の名前は輸入会社の大正組と大正時代に輸入されたために名前が付いた。日本沿岸では獲れなく、朝鮮半島の西側から中国沿岸で獲れるために、標準和名は「こうらいえび(高麗海老)」である
   体長は20cm~25cmで身体は灰色で模様はなく、尾は黒い。天ぷらや蒸して食べることが多い
    「くるまえび(車海老)」は主に東北からオーストラリア北部、インド沿岸、地中海にかけて生息している。 体長は25cmほどになり、青みを帯びた淡い褐色で腹節ごとに青黒い環があり、身体を曲げると車の車輪のように見えるのでくるまえび(車海老)と呼んでいる
   市場には天然、養殖、冷凍などが出回っているが、天ぷらや寿司ネタなどに使われる

ブラックタイガー(M-mart)
ブラックタイガー(M-mart)

    「バナメイ海老」はくるまえび科の海老で、中南米の太平洋側が原産である。中国、東南アジアで大量に養殖されて安価であるため、高級ホテルやレストランでシバエビとして表示され、社会問題となった。剥き身にしていろいろな食品に加工されている
    「芝海老」は東京湾以南の内湾の浅い砂地に生息するクルマエビ科の海老で、体長は10cm~15cmほどになる。東京湾の芝浦で多く獲れたのが名前の由来で、天ぷら、掻き揚げ、刺身などに利用する
    「ブラックタイガー」は標準和名は「うしえび(牛海老)」のことである。黒色をしているが茹でると薄い紅色になり、車海老とよく似ているために車海老として販売して問題になったこともある。全体的に黒っぽい色をしており、体長は30cm以上になり日本からアジア、オストラリア、アフリカなどにまで生息しているが、日本で獲れることは稀で輸入品がほとんどである。多くは東南アジアのインドネシア、ベトナムなどで大量に養殖したものを日本へ輸入している
   最近の傾向としてブラックタイガーを海老フライ、海老のてんぷら(蕎麦、うどん、天丼に使用)まで加工して、冷凍食品の形にして付加価値を付けて日本へ輸出している

「桜エビ」漁は静岡県の駿河湾で行われており、春と秋の2回と限られている。桜エビの体長は4~5cm程で、昼間は水深200m~300mに潜む。 夜になると餌のプランクトンを食べるために浮上するので、それを狙って夜に漁に出掛ける。夜中に漁から帰ってくると、直ぐに冷蔵してセリにかけられる。お好み焼、掻き揚げなどに利用する
    「白エビ(しらえび)」はオキエビ科の日本海から以南、特に富山湾では多く収穫される。水深300mの深海で群れを作り遊泳しており、寿司だね、天ぷら、せんべいの材料として利用する
    「アキアミ」はサクラエビ科のえびで、インドから中国まで生息しており、日本では有明海、瀬戸内海など多く獲れる

    「小海老」とは桜エビ、アキアミなどの体長10cm以下の海老のことで、そのまま干して加工品に利用したり、掻き揚げにしたりする