食品14-1   煮干し・節・削り節・水産物乾燥品

食品14-1 塩干品(えんかんひん)             食品14-1 炒り子(いりこ)
食品14-1 いりじゃこ 食品14-1 煮干し(にぼし)
食品14-1 じゃこ 食品14-1 だしじゃこ
食品14-1 煮干魚類(にぼしぎょるい) 食品14-1 あごの煮干し
食品14-1 割りあご(わりあご) 食品14-1 飛魚の煮干し(とびうおのにぼし)
食品14-1 焼あご(やきあご)    
煮干し(Satsumaya)
煮干し(Satsumaya)

    「煮干魚類」とは、魚類を煮熟によってたん白質を凝固させて乾燥したもの

    「炒り子(いりこ)」は「いりじゃこ」「煮干し(にぼし)」「じゃこ」「だしじゃこ」とも呼ばれ、小さめのかたくち鰯、うるめ鰯、真鰯などを薄い食塩水に浸けてから煮熟して、機械乾燥などしたもので、出汁を取ったり、炒って食べたりする

    「あごの煮干し」は「割りあご」とか「飛魚の煮干し」と呼ばれ、飛魚(あご)の頭や腸を取り除いて熱湯で煮る。そして機械で乾燥させる出来上がるが、頭を残したものもある
   なお長崎県五島や平戸名物の「焼あご」は獲れたてのあごを水洗いして、金串に刺して炭火でこんがりと焼く。焼き上がったら金串を抜き天日で干すと出来上がる