食品2-1   植物油脂・動物油脂

食品2-1 食用油脂(しょくようゆし) 食品2-1 植物油脂(しょくぶつゆし)
食品2-1 食用植物油脂(しょくようしょくぶつゆし) 食品2-1 食用油(しょくようあぶら)
食品2-1 食用油(しょくようゆ) 食品2-1 固形油脂(こけいゆし)
食品2-1 液体油脂(えきたいゆし) 食品2-1 植物油(しょくぶつゆ)
食品2-1 食用植物油(しょくようしょくぶつゆ) 食品2-1 植物脂(しょくぶつし)
食品2-1 油脂(ゆし) 食品2-1 脂肪油(しぼうゆ)
食品2-1 脂肪(しぼう) 食品2-1 脂肪分(しぼうぶん)
植物油(Jopa)
植物油(Jopa)

    「食用油脂」には植物油脂、動物油脂、加工油脂があるが食用油脂は食用油とも呼ぶことがある
   植物油脂は大きく分けると、常温において液体の「植物油」と、常温で固体の「植物脂」がある。JAS規格では 「植物油脂」の多くは「食用植物油脂」とも記載できる
   また固形油脂と液体油脂とも分けることが出来、固形油脂にはバター、ラード、カカオバター、マーガリン、ショートニングなど、液体油脂にはサラダ油、オリーブオイルなどがある

    「植物油」は常温において液体で、原料の違いで大豆油、コーン油(コーンオイル)、菜種油、キャノラー油、ゴマ油、米油、ヒマワリ油、紅花油、オリーブオイル、エクストラ・バージンオイル、落花生油(ピーナッツ油)などに分けることが出来る。なお食用に供されるので「食用植物油」とも。
  また精製仕方の違いで精製油、サラダ油に分けることも出来る。精製油には天プラ油と白絞油とがあり、それ以外に2種類以上の植物油を混ぜ合わせた調合油がある

    「植物脂」は植物に含まれている常温で固形の脂肪(油脂)のことで、パーム油(パームオイル)、パーム核油、ヤシ油(ココナッツオイル)、カカオバター(ココアバター)などがある
  表示では「食用大豆油」「食用なたね油」「食用とうもろこし油」など、一括して「食用植物油脂(菜種油、コーン油、大豆油)」、「食用植物油脂(大豆を含む)」、「植物油脂」また「食用油脂(牛脂豚脂混合油、パーム油)」と記載してある

    「油脂」は動物や植物に含まれている成分で、グリセリンと3つの脂肪酸からなる。油脂で常温で液体のものを「脂肪油」、常温で固体のものを「脂肪」という。脂肪油には大豆油、コーン油、ヤシ油など、脂肪にはカカオバター、パーム油、ラードなどがある

    「脂肪分」とはある物質の成分の中に脂肪の占める割合のこと

食品2-1 食品2-2 食品2-3 食品2-4 食品2-5 食品2-6 食品2-7                              
 
   食品項目インデックス