食品2-5   植物油脂・動物油脂

食品2-5 荏胡麻(えごま)    
食品2-5 荏胡麻油(えごまあぶら)
食品2-5 荏胡麻油(えごまゆ) 食品2-5 荏の油(えのゆ)
食品2-5 荏油(えゆ) 食品2-5 紫蘇油(しそゆ)
食品2-5 紫蘇油(しそあぶら) 食品2-5 パーム油(パームゆ)
食品2-5 パームオイル 食品2-5 食用パーム油(しょくようぱーむゆ)
食品2-5 パーム核油(パームかくゆ) 食品2-5 パームカーネルオイル
食品2-5 ヤシ油(やしゆ) 食品2-5 ココナッツオイル
食品2-5 コプラ 食品2-5 コプラ油(コプラゆ)
食品2-5 卵黄油(らんおうゆ) 食品2-5 卵油(らんゆ)
ココナッツオイル(Royal Green )
ココナッツオイル(Royal Green )

     「荏胡麻(えごま)」はインド原産のシソ科の一年草の油糧作物で、独特な香りがある。葉は青紫蘇とよく似ている。種子は炒って薬味やサラダにかけたり韓国で焼き肉の料理などに、また搾って荏胡麻油(えごまゆ・えごまあぶら)を得て灯火に用いていた
   荏胡麻油(えごまあぶら・えごまゆ)は荏の油(えのゆ)とか荏油(えゆ)とも呼ばれ、大量にα-リノレン酸を含んでいるために価値が認められ、紫蘇油(しそゆ)と名前を付けて販売している
   エゴマ油には必須脂肪酸のα-リノレン酸が他の食品と比べて多く含まれている

    「パーム油(ぱーむゆ)」は「パームオイル」とも呼ばれアブラヤシの果肉を原料として製造する、オレンジ色(精製後は白色)の固形油脂
マーガリンやショートニングの原料として、フライのオイルなどいろいろな食品に使用している。また石鹸の原料として(いわゆる純石鹸ではココヤシがほとんど)、また最近はバイオ燃料としての用途もある。表示では「食用パーム油」と記載されることもある
   「パーム核油」は「パームカーネルオイル」のことで、アブラヤシの種子の胚乳から乾燥・搾油したもの。常温では固形状で、石鹸や洗剤にまた食用に多く使用する

    「ヤシ油」は「ココヤシ」の果実(ココナッツ)の胚乳を乾燥した「コプラ」を搾油して精製したもの
    「ココナッツオイル」とも「コプラ油」とも呼んでおり、常温では固形状で、 洗剤、石鹸またマーガリン、ショートニング、クッキー、アイスクリーム、ポテトチップス、洋生用チョコレートの原料に使用する

    「卵黄油」は「卵油」とも呼ばれ、鶏卵の黄身を1~2時間弱火にかけてかき混ぜ、黄身がぼろぼろになると黒くて粘りのある卵油が出てくる。レシチンやビタミンEが含まれている

食品2-1 食品2-2 食品2-3 食品2-4 食品2-5 食品2-6 食品2-7                              
 
   食品項目インデックス