食品21-3   日本料理1

食品21-3 三平汁(さんぺいじる)  
食品21-3 鉄砲汁(てっぽうじる) 
食品21-3 河豚汁(ふぐじる) 食品21-3 かに汁
食品21-3 つみれ汁 食品21-3 豚汁(とんじる)
食品21-3 豚汁(ぶたじる) 食品21-3 味噌汁(みそしる)
食品21-3 冷汁(ひやじる) 食品21-3 冷や汁(ひやじる 山形県)
食品21-3 冷や汁(ひやしる 埼玉) 食品21-3 すったて
食品21-3 薩摩汁(さつまじる)    

 

    「三平汁(さんぺいじる)」は北海道の郷土料理で、塩鮭を使ったり鮭のあらを使ったり、またタラや白子を使う地域もある。昆布の出汁をとり、その中に適当な大きさに切ったじゃがいも、人参、大根などそして鮭などを入れて煮る。そして塩や酒で味をつける
    「てっぽうじる(鉄砲汁)」とはふぐの実の味噌仕立て汁の「ふぐ汁(河豚汁)」のこと。昔はふぐの料理法が確立されていなかったために、ふぐも鉄砲も当たると命を落とす意味からふぐ汁を鉄砲汁と呼んでいた
   しかし北海道で花咲蟹などを、北陸ではズワイガニを、その他の地域では渡り蟹などのぶつ切りを実にした味噌汁を「鉄砲汁」とか「かに汁」と呼んでいる
寒い日には身体が温まる味噌汁で、蟹の脚を箸でつつく姿が、鉄砲の操作に似ていたので「鉄砲汁」と呼んでいた
    「つみれ汁」はかつお節と昆布の出し汁にごぼうのささがき、半月切りにした大根と人参、いわしやさんまのつみれをいれて弱火で煮る

    「ぶたじる(豚汁)」は「とんじる(豚汁)」とも呼び、寒い時に飲む、身体が温まる一品でもある
出し汁を味噌仕立にし、豚のバラ肉、ネギ、もやし、牛蒡、人参、大根、里芋、さつまいも、じゃがいも、白菜、カボチャ、豆腐、油揚げ、蒟蒻などを、また隠し味ににんにくや生姜を摺って入れる
    「味噌汁」は出汁に赤味噌などを溶いて作った味噌汁。かつお節と昆布の出し汁に味噌を溶き、豆腐、油揚げ、野菜、わかめ、あさりなどを具とする。辛口で濃い味が特徴である
    「薩摩汁(さつまじる)」は薩摩(鹿児島県)の郷土料理で、ぶつ切りした鶏肉、豚肉、里芋、大根、人参、牛蒡、さつま芋、葱などを煮込んで味噌で味をつけた汁

    「冷や汁」は夏場の暑い時に、食欲増進と栄養強化のために考えられた宮崎県の郷土料理。いりこ、焼いて解した鯵、炒った胡麻、麦味噌をすり鉢に入れてすり潰す。それをアルミなどに移して焦げ目がつくまで焼く。昆布と鰹から取った出汁で溶き、豆腐、輪切りにしたきゅうりを入れて冷やしたもの
熱いご飯に上からかけ、刻んだ大葉などをのせて食べる
    「冷や汁(山形県)」は米沢藩の伝統料理で、戻した凍み豆腐、干し貝柱、干し椎茸、そして油揚、人参などを醤油仕立ての出汁で煮、それを茹でた雪菜やほうれん草と和えたもの。汁とあるがお浸しである
    「冷や汁(ひやしる 埼玉)」すなわち「すったて」は御飯にかけるのではなくうどんやそうめんのつけ汁として食べる。炒り胡麻、白味噌、砂糖をすり鉢で擂り潰し、出し汁を加えたものをつゆとして冷たいうどんやそうめんなどを食べる。微塵切りしたシソの葉や葱、細切りしたキュウリなどを薬味にしたり、すり鉢のなかで混ぜ合わせたりする、   、