食品24-3   西洋料理2・中華料理・アジア料理

食品24-3 餃子(ぎょうざ) 食品24-3 餃子(ぎょーざ)
食品24-3 焼き餃子(ぎょうざ) 食品24-3 はねつき餃子
食品24-3 水餃子(すいぎょうざ) 食品24-3 水餃子(みずぎょうざ)
食品24-3 茹で餃子 食品24-3 蒸し餃子
食品24-3 揚餃子 食品24-3 スープ餃子
食品24-3 海老餃子 食品24-3 春巻き
食品24-3 焼売(しゅうまい) 食品24-3 生春巻き(なまはるまき)

 

餃子
餃子

    「餃子(ギョウザ、ギョーザ)」は中華料理の点心の一つで、細かく切った野菜(白菜、キャベツ、たまねぎ、にら、にんにく)、ミンチにした食肉(豚肉、鶏肉)などを、ごま油、食塩、酒、砂糖、オイスターソースなどで混ぜて調味した具を作る
    小麦粉に水を加えて捏ねて、丸い薄い皮作り具を包んで半月状にしたものが餃子である

    「焼餃子」はフライパンか平鍋に餃子を並べて食用油脂で焼き、そして水を加えて水が蒸発するまで蒸したもの。または食用油脂と水を加えて水がなくなるまで蒸し、それから焼き目をつけたもの(水に小麦粉や片栗粉などをbrかすと、バリバリの薄い皮が出来る、この餃子を「はねつき餃子」という)
   酢、醤油、ラー油を混ぜたもので食べるのが一般的である
    「水餃子(すいぎょうざ)」は「ゆで餃子」のことで「水餃子(みずぎょうざ)」とも呼ばれる。 厚めの皮で作った餃子を沸騰したお湯で茹で、それを湯切りをしたもので、生姜醤油や酢、醤油、ラー油を混ぜたもので食べる 
    「揚餃子」は高温の植物油脂で餃子を揚げたもので、辛子醤油や豆板醤、酢、醤油を混ぜたもので食べる 

    「蒸し餃子」は餃子をせいろで蒸したもので醤油、酢、ごま油を混ぜたもので食べる。なお皮を浮き粉で作ると蒸すと皮が透明になり、シコシコした食感がでる
    「スープ餃子」は鶏がらスープに醤油、胡麻油、酒などで味を調え、餃子、細切りした玉葱や人参などを加えて煮たてたもの 
    「海老餃子」は中華料理の点心の一つで、浮き粉で作った皮に、海老などで作った具材を包み、半月状に形を整え、せいろに入れて蒸したもの。皮も半透明で、また海老のプリプリ感を楽しめる

    「春巻き」は点心の一つで、春巻きの皮に醤油、酒、砂糖などで調味した豚肉の挽肉や千切した野菜(たけのこ、韮、椎茸、ピーマン、人参)などを包んで植物油で揚げたもの。辛子醤油かトマトケッチャップ、または酢醤油に辛子などで食べる
    「焼売(しゅうまい)」は中華料理の点心の一つで、細かく切った野菜(キャベツ、玉ねぎ、韮、にんにく、生姜)、ミンチにした豚肉や鶏肉、豚脂、つなぎ(パン粉、でん粉)を混ぜて、醤油、ごま油、砂糖、食塩、ポークエキスなどで味を付けて具を作る
   小麦粉を熱湯でこねて作った薄い皮で具を包んで直方体に近い円柱状にし、それを蒸したものが焼売である(上にグリンピースを乗せた製品もある)。辛子醤油や酢醤油で食べることが多い
    「生春巻き」はベトナムを代表とする料理で、ライスペ-パ-に茹でた海老、豚肉、ビーフン、生のサニーレタス、バジル、ミント、ニラなどを巻いて直方体の形に仕上げたもの
ニラがはみ出るように巻くのが特徴で、食べるときはヌクチャムをつけて食べる