食品24-5  西洋料理2・中華料理・アジア料理

食品24-5 麻婆豆腐(マーボーどうふ) 食品24-5 麻婆丼(まーぼーどん)
食品24-5 麻婆飯(まーぼーはん) 食品24-5 麻婆茄子(まーぼーなす)
食品24-5 八宝菜(はっぽうさい) 食品24-5 五目うま煮(ごもくうまに) 
食品24-5 八宝飯(はっぽうはん) 食品24-5 中華飯(ちゅうかはん)
食品24-5 中華丼(ちゅうかどん) 食品24-5 蟹玉(かにたま)
食品24-5 芙蓉蟹(フーヨーハイ) 食品24-5 天津飯(てんしんはん)
食品24-5 天津丼(てんしんどん) 食品24-5 蟹玉丼(かにたまどん) 

 

麻婆豆腐(Ichikawatofu)
麻婆豆腐(Ichikawatofu)

    「麻婆豆腐(マーボー豆腐)」は四川料理で、唐辛子や豆板醤の辛さ、花椒の舌を刺すような辛さがある豆腐を使った料理。 胡麻油でにんにく、挽肉(牛か豚)、赤唐辛子を炒めてから調味料(豆板醤、豆鼓、醤油、砂糖、酒)で味付けをする
   そして鶏がらスープ、豆腐(1.5~2cmほどの賽の目に切ったもの)を入れて煮る。皿に盛ってから小口切りした青葱を上から散らす
   丼ぶりに温かいご飯を盛り、上から麻婆豆腐をかけると「麻婆どん」「麻婆飯」
   豆腐の代わりに縦に四等分した茄子(食用油脂で揚げることもある)を使うと「麻婆茄子」である

    「八宝菜」は「五目うま煮」とも呼び、中国の関東料理の一つである。八宝とは食肉、野菜、魚介類、キノコ類などたくさんの意味で、数多くの具材を食用油脂で炒め、スープを加えて醤油(塩で味をつけたものもある)、砂糖、酒などで味付けして軽く煮込み、最後に片栗粉を水で溶いたものを加えてとろみをつける
   材料は豚肉(鶏肉またはハム)、むいたエビ、イカ、椎茸、キクラゲ、タケノコ、白菜、人参、青梗菜(チンゲンサイ)、銀杏、茹でた鶉の卵など 
    「中華飯(中華丼)」は「八宝飯」とも呼ばれ、丼ぶりなどに温かいご飯を盛り、八宝菜をかけたもの

    「芙蓉蟹(フーヨーハイ)」は「蟹玉」とも呼ばれ、関東料理の一つで蟹入りの卵焼き。溶き卵に蟹の身、野菜そして塩、胡椒、醤油、砂糖、酒などで入れて味をつけたもの。中華鍋に食用油脂で材料を炒め半熟になるまで炒める。そして形を丸く整え丼ぶりに盛れば出来上がる
   大抵は上から餡をかけ、グリーンピースをのせる。丼ぶりなどに温かいご飯を盛り、その上に蟹玉を乗せ、醤油味の餡をかけたものを「天津飯」または「天津丼」とか「蟹玉丼」と呼ぶ