食品28-7   三大○○、珍味、オードブル、地域ブランド

食品28-7 いかの塩辛  
食品28-7 白造り(白づくり)
食品28-7 赤造り(あかづくり)  食品28-7 黒造り(くろづくり)
食品28-7 鰹の塩辛(かつおのしおから) 食品28-7 酒盗(しゅとう)
食品28-7 めふん 食品28-7 鮭の塩辛(さけのしおから)
食品28-7 アミの塩辛(アミのしおから) 食品28-7 沖漬(おきづけ)
食品28-7 イカの沖漬(イカのおきづけ) 食品28-7 ホタルイカの沖漬

 

いかの塩辛(Momoya)
いかの塩辛(Momoya)

    「いかの塩辛」はするめいかなどを用いて作った塩辛で、白造り(白づくり)、赤造り(あかづくり)、黒造り(くろづくり)がある
    「白造り(白づくり)」は烏賊の皮を剥いで短冊切りしたいか、食塩、内臓とで発酵させたもの
    「赤造り(あかづくり)」は皮を剥かない烏賊を用いる
    「黒造り(くろづくり)」は富山県の名産で細かく切って皮を剥いたいか、肝臓、烏賊の墨袋、食塩で発酵させたもの

    「鰹の塩辛」は「酒盗」ともよばれ、鰹の内臓の胃と腸を水でよく洗い、塩漬したもの。砂糖、酒、味醂などを一緒に浸け込んだものある
    「めふん」は「鮭の塩辛」のことで、雄の鮭の背腸(腎臓)を塩や醤油で漬けて発酵させたもの

    「アミの塩辛」はアキアミを原料として、30~40%程の塩で漬けこむ。キムチを作るときの重要な食材である
    「ホタルイカの沖漬」はホタルイカの目玉、軟骨、内臓を取り除き、醤油、砂糖、味醂、酒などで漬けこんだもの