食品3-7  牛乳・バター・チーズ・乳製品・乳飲料等 

食品3-7 成分調整牛乳       
食品3-7 低脂肪牛乳
食品3-7 無脂肪牛乳 食品3-7 加工乳(かこうにゅう)
食品3-7 乳飲料(にゅういんりょう) 食品3-7 色物乳飲料(いろもの))
食品3-7 白物乳飲料(しろもの) 食品3-7 乳性飲料(にゅうせいいんりょう)
食品3-7 乳製品乳酸菌飲料 食品3-7 乳酸菌飲料(にゅうさんきんいんりょう)
低脂肪牛乳(Minaminihon  rakunou)
低脂肪牛乳(Minaminihon rakunou)

    「成分調整牛乳」は牛から搾った乳(生乳100%)の乳脂肪分などの一部やほとんどを膜処理などによって除去したり、水分を除去して成分を濃くしたりして調整したもの(生乳の割合が100%で無脂乳固形分は8%以上で、製造及び保存の方法の基準は牛乳の例によること)
   乳等省令において「成分調整牛乳」とは「生乳から乳脂肪分その他の成分の一部を除去したもの」と定義
    「低脂肪牛乳」は成分調整牛乳の一つで、牛から搾った乳(生乳100%)の乳脂肪分の一部を除去したもの(成分規格は無脂乳固形分8.0%以上、乳脂肪分0.5%以上1.5%以下で、製造及び保存の方法の基準は牛乳の例によること) 
   乳等省令において「低脂肪牛乳」とは「成分調整牛乳であつて、乳脂肪分を除去したもののうち、無脂肪牛乳以外のもの」と定義
    「無脂肪牛乳」の旧名は脱脂乳(スキムミルク)のことで、成分調整牛乳の一つ。牛から搾った乳(生乳100%)の乳脂肪分のほとんどを除去したもの (成分規格は無脂乳固形分8.0%以上、乳脂肪分0.5%未満で、製造及び保存の方法の基準は牛乳の例によること)
   乳等省令において「無脂肪牛乳」とは「成分調整牛乳であつて、ほとんどすべての乳脂肪分を除去したもの」と定義

    「加工乳」は牛から搾った乳(生乳)、牛乳、脱脂粉乳などの乳製品を原料として作られたもので、乳成分や乳脂肪分を増やしたり減らしたりしたものである。低脂肪タイプや濃厚タイプなどがある(成分規格は無脂乳固形分8.0%以上で、殺菌の方法や保存の方法は牛乳の例による)
   乳等省令において「加工乳」とは「生乳、牛乳若しくは特別牛乳又はこれらを原料として製造した食品を加工したもの(成分調整牛乳、低脂肪牛乳、無脂肪牛乳、発酵乳及び乳酸菌飲料を除く)」と定義
    「乳飲料」は牛から搾った乳(生乳)や脱脂粉乳などの乳製品から作ったものである コーヒー、ココア、紅茶そしてバナナやイチゴなどの果汁を加え、さらに糖分を加えて嗜好性をよくしたもので、色が付いているので「色物乳飲料」と呼んでいる また最近はカルシウムや鉄などのミネラルを増強した、白い色をした「白物乳飲料」もある。公正競争規約で乳固形分が3%以上と定めれている
乳等省令において「乳飲料」とは「生乳、牛乳若しくは特別牛乳又はこれらを原料として製造した食品を主要原料とした飲料」  
    「乳性飲料」は生乳、牛乳などを原料としていても、乳固形分が3%未満のものは清涼飲料水として扱う(乳固形分=無脂乳固形分+乳脂肪分)

  乳等省令において「乳酸菌飲料」とは「乳等を乳酸菌又は酵母で発酵させたものを加工し、又は主要原料とした飲料(発酵乳を除く)」と定義している
    「乳製品乳酸菌飲料」は乳製品(発酵乳)を原料としたもので無脂乳固形分が3%以上で生菌数は1mℓ中1000万個以上のもの、また殺菌したものもある。公正競争規約で無脂乳固形分が3%以上の「乳酸菌飲料」には乳製品である旨を併記して「乳製品乳酸菌飲料」と表示する    
    「乳酸菌飲料」は乳等を主要原料とするもので、無脂乳固形分が3%未満で生菌数は1mℓ中100万個以上