食品32-8  香辛料

食品32-8 レッドペパー   
食品32-8 レッドペッパー
食品32-8 唐辛子(とうがらし) 食品32-8 チリペッパー
食品32-8 チリペパー 食品32-8 青唐辛子(あおとうがらし)
食品32-8 赤唐辛子(あかとうがらし) 食品32-8 南蛮(なんばん)
食品32-8 南蛮辛子(なんばんからし) 食品32-8 南蛮胡椒(なんばんこしょう)
食品32-8 辛味種(からみしゅ) 食品32-8 ハバネロ
食品32-8 ハラペーニョ    
ハラペーニョ'Costena)
ハラペーニョ'Costena)

    「唐辛子」の英語表記はredpepper「レッドペッパー(レッドペパー)」と表し「チリペッパー(チリペパー)」も唐辛子の総称である。唐辛子はナス科の植物で順応性があり、熱帯から温帯にまで栽培されており、約3000種類近くあるという
   唐辛子にはパプリカやピーマンの様に甘味のある甘味種から、「口の中が辛くて火がついたようで火傷する」と形容される、世界で最も辛いと言われているハバネロの辛味種まである。色も赤、黄、緑、橙などがあり、日本では辛味種の赤くなったものを唐辛子ということが多い。代表的な品種として鷹の爪がある。なお「南蛮」とか「南蛮胡椒」とか「南蛮辛子」とも呼ぶ
   唐辛子には、熟す前に収穫した「青唐辛子」、成熟後に収穫した「赤唐辛子」がある。「青唐辛子」は東南アジアの料理に、九州の柚子胡椒に使用する

    「ハバネロ」は世界一、二の辛さを争う唐辛子で、熟す前は緑色だがオレンジ色になる(他に赤、黄などがある)
  ハバネロを縦割りにしたものをオリーブオイルに漬けたオイルやハバネロを、炒め物、カレー、パスタやビザのトッピングなどに使う
    「ハラペーニョ」はメキシコ料理には欠くことが出来ない、とても辛い緑色の唐辛子で、酢漬けにしたり、また粉末もある