食品34-1   塩の種類・塩の製造方法

食品34-1 塩(しお) 食品34-1 家庭用塩(かていようえん)
食品34-1 並塩(なみえん) 食品34-1 食塩(しょくえん)
食品34-1 食卓塩(しょくたくえん) 食品34-1 精製塩(塩事業センタ-)
食品34-1 クッキングソルト 食品34-1 新家庭塩(しんかていえん)
食品34-1 瀬戸のほんじお 食品34-1 赤穂のあらなみ塩(
食塩(The Salt Industry )
食塩(The Salt Industry )

    「塩」は塩化ナトリウムが主成分で、食品に塩味(鹹味)を付けるための調味料である。数年前までは塩を調味料としてよりも、ほとんど含まれていないミネラルが話題になることが多かった(塩でのミネラルはマグネシウム、カリウム、カルシウムを意味する)。でも家庭での塩の使用量は一日一人当たり1.1g以下で、身体に影響する程のミネラル分摂取は間違っても期待出来ない
   スーパーでよく見かけるのが○○の塩を利用した食品である。それらは○○塩を使用したので、他の同様な製品より美味しいと、私たちに媚を売っている。この○○塩を直接舐めると、好みは別として食塩との味の違いがはっきりと分かる
   しかし塩は舐めるためにあるのではない。塩の種類やメーカーの違い云々より、塩の量の多少(塩加減)や材料の違いの方が食品(調理)の味に大きな影響を与えているはずである
   言い忘れたが、動物は生きていくために塩は毎日摂取しなければならない重要な物質である
    「家庭用塩」の定義はないが、家庭で使用する塩の事を意味する。食塩、精製塩、クッキングソルト、瀬戸のほんじお、伯方の塩、赤穂の天塩、あらしお、沖縄の塩シママースなど

    「なみえん(並塩)」はイオン交換膜を利用した業務用塩のことである。安全性に優れており、大変高品質な塩である。現在はダイヤソルト株式会社(長崎県西海市)、ナイカイ塩業株式会社(岡山県玉野市)、鳴門塩業株式会社(徳島県鳴門市)、株式会社日本海水(福島県いわき市、兵庫県赤穂市、香川県坂出市)の工場で製造販売
    「食塩」はイオン交換膜を利用した家庭用塩のことである。高品質な塩で、安全性にも優れている。サラサラして使いやすく、また値段も安いので大変人気のある塩でもある。現在は塩事業センターが販売している
    「食卓塩」は塩事業センターが販売しているガラス瓶入りの塩である。原料はメキシコの塩田で作られた天日塩で、固結を防ぐために無害の炭酸マグネシウムが添加してある。廉価でサラサラしており使いやすいが、瓶のデザインに難がある

    「精製塩」は塩事業センターが販売している塩で、天日塩を精製して汚れを取り除いたもので、純度は99.5%である(一部学者やジャーナリストが本や雑誌で使っている精製塩を参照)
    「クッキングソルト」は塩事業センターが販売している塩で、直方体の紙製のパックにプラスチック製の降り出し口が付いている。原料は天日塩と固結防止剤として炭酸マグネシウムが使用してある
    「新家庭塩」は塩事業センターが販売している塩で、原料はイオン交換膜を利用した塩ににがりが添加してある(製造を中止にした)

    「瀬戸のほんじお」は味の素株式会社が製造・販売しているイオン交換膜塩である。原料はイオン交換膜で作られたカリウムを添加したもの  
    「赤穂のあらなみ塩」は兵庫県赤穂市にある赤穂あらなみ塩株式会社が製造している塩である。原料は天日塩とイオン交換膜塩である