食品35-4   塩のミネラル

食品35-4 カリウム 食品35-4 K
食品35-4 高カリウム塩(こうカリウムえん) 食品35-4 高カリウム血症
食品35-4 マグネシウム 食品35-4 Mg
食品35-4 微量ミネラル(びりょうミネラル) 食品35-4 微量成分
食品35-4 鉄(てつ) 食品35-4 Fe
食品35-4 鉄分(てつぶん) 食品35-4 銅(どう)
食品35-4 Cu    
高カリウム塩(Ajinomoto)
高カリウム塩(Ajinomoto)

    「カリウム」は主要ミネラルの一つで、元素記号Kで表す。海水、野菜、果物などに含まれている。細胞機能の調節を行い、不足すると心臓発作や食欲不振などが起きる
    「マグネシウム」は主要ミ主要ミネラルの一つで、元素記号Mgである。成人の体内に約30gあり、そのうち70%は骨に存在している。普通の食事さえすれば不足なく摂取できるミネラルで、ビタミン類やカルシウムを吸収するのに必要である
   カルシウム摂取量に対して、マグネシウムの相対的摂取不足が種々な疾患を誘因していると言われている

    「高カリウム塩」とは塩の構成成分である塩化ナトリウムの一部を塩化カリウムに置き換えたもの。数%製品から60%以上も置き換えた製品がある。腎臓や糖尿病などの持病や疑いがある人が高カリウム塩摂取すると、「高カリウム血症」で心臓停止する恐れがある
   高カリウム血症は大量のカリウム摂取によって血液中のカリウムの濃度が上がってしまう状態
    「微量ミネラル(微量成分)」は鉄、亜鉛、銅、マンガンなどで、1日の必要所要量が1mg以上100mg未満のミネラルを言う。これらの微量ミネラルは海水中には微量しか含まれていない。いわゆる自然塩に多く存在する微量ミネラルは海の汚れか製塩装置からの溶出が考えられる

    「鉄」は微量ミネラルの一つで、元素記号Feである。鉄は海水中には多く含まれていない。 鉄を多く含んだ塩は、製塩装置の溶出、錆び、または海水の汚染も考えられる
   鉄は造血や血液中の酸素の運搬などをするが、不足すると貧血になる。肉や魚などに含まれているヘム鉄は吸収率は高いが、他は余り高くない。食べ物に含まれる栄養素の鉄は「鉄分」と呼ぶことがある
    「銅」は微量ミネラルの一つで元素記号Cuである。人の身体にはどうしても必要なミネラルであるが、普通の食生活をしていれば必要量は簡単に摂取できる。CODEX規格では、銅は有害ミネラル扱いであるが、製塩装置の多くは銅が使われており、塩への混入は避けられない