食品38-3  洋菓子

食品38-3 モンブランケーキ  
食品38-3 モンブラン
食品38-3 モンブランクリーム 食品38-3 苺のモンブラン
食品38-3 苺のモンブランケーキ 食品38-3 ミルクレープ 
食品38-3 ティラミス 食品38-3 ビスコッティ・サヴォイアルディ 
食品38-3 カステラ 食品38-3 カステーラ
食品38-3 チョコレートケーキ 食品38-3 ガトーショコラ
食品38-3 ガト-・オ・ショコラ 食品38-3 チーズケーキ
食品38-3 ベークドチーズケーキ  食品38-3 ベイクドチーズケーキ
食品38-3 レアチーズケーキ 食品38-3 スフレチーズケーキ

 

カステラ(Bunmeido)
カステラ(Bunmeido)

    「モンブラン(モンブランケーキ)」はスイスの山のモンブランに似せたケーキのこと。土台はスポンジ生地やタルト生地に栗と生クリームなどで作った「モンブランクリーム」を螺旋状にあしらい、その上にマロングラッセや栗の甘露煮を乗せたもの。なお苺と生クリームで作ったモンブランクリームと苺の「苺のモンブラン(苺のモンブランケーキ)」もある
    「ミルクレープ」は何枚ものクレープの間にカスタードクリームを重ねたケーキ
    「ティラミス」はイタリアを代表とするデザート。エスプレッソやリキュールなどを染み込ませたフィンガー状のスポンジケーキのビスコッティ・サヴォイアルディをプラスチック製の長方形の容器などに隙間なく敷きつめる
   そして上からザバイオーネソースとマスカルポーネチーズを合わせたザバイオーネ・クリームを流し込む。繰り返して何層かにして表面にココアパウダーを振ると出来上がる  
    「ビスコッティ・サヴォイアルディ」とはフィンガー状のイタリアのスポンジケーキでティラミスには欠かせない材料

    「カステラ」はスポンジケーキの一つで、室町時代にポルトガル人が伝えたもので「カステーラ」とも呼ばれている。卵を泡立て小麦粉、砂糖、蜂蜜を混ぜたものを、長方形の型に入れてオーブンで焼いたもの
    「チョコレートケーキ」はフランス語のチョコレートケーキの意味の「ガトーショコラ」「ガト-・オ・ショコラ」とも呼ばれ、スポンジの生地にチョコレートを混ぜて焼いたものに、全体にチョコレートを塗ったもの。またその上にクルミの飴煮をのせたものもある

    「チーズケーキ」はクリームチーズなどを使ったケーキで、スフレチーズケーキ、レア・チーズケーキ、ベイクドチーズケーキなどがある 
    「ベイクドチーズケーキ(ベークドチーズケーキ)」はクリームチーズ、卵、砂糖、コーンスターチ、生クリームなどを混ぜて、型に入れてオーブンで表面に色が付くまで焼いたもの。こってりと仕上がり、濃厚なチーズ味がする
    「レア・チーズケーキ」はクリームチーズ、砂糖、生クリーム、ゼラチンなどを混ぜたものを型などに入れ、冷やし固めた火を通さないチーズケーキ
    「スフレチーズケーキ」はクリームチーズ、卵、砂糖、牛乳、バター、コ-ンスタ-チ、コアントローなどを原料としている
   白身と砂糖でメレンゲを作って生地を作るのが特徴で、型に流して焼く。ふわふわしっとりした日本で生まれたチーズケーキ