食品41-4   日本酒・焼酎・ビール

食品41-4 焼酎(しょうちゅう) 食品41-4 焼酎甲類(しょうちゅうこうるい)
食品41-4 連続式蒸留焼酎(れんぞくしき) 食品41-4 ホワイトリカー①
食品41-4 焼酎乙類(しょうちゅうおつるい) 食品41-4 単式蒸留焼酎(たんしき)
食品41-4 本格焼酎(ほんかくしゅちゅう) 食品41-4 ホワイトリカー②
食品41-4 焼酎もろみ(もろみ) 食品41-4  
ホワイトリカー(Takara)
ホワイトリカー(Takara)

    「焼酎」には連続式蒸留焼酎(焼酎甲類)と単式蒸留焼酎(焼酎乙類)があり、酒税法上連続式蒸留焼酎(焼酎甲類)はアルコール分36%未満、単式蒸留焼酎(焼酎乙類)はアルコール分45%以下と決められている

    「連続式蒸留焼酎(焼酎甲類)」は歴史が浅く、大手企業により大量生産されている。糖蜜を原料として次から次へと蒸留するので純度が高くなって個性が無くなる
   家庭では加水したものが果実酒に使われ「ホワイトリカー」と呼んでおり「ホワイトリカー①」と表記される。最近は酎ハイの原料ともなっている
    「単式蒸留焼酎(焼酎乙類)」は古くから日本で飲まれており、蒸留は1回のみで原料によって個性がある。「本格焼酎」と表記されており芋焼酎、黒糖焼酎、麦焼酎、米焼酎などがある

   単式蒸留焼酎(焼酎乙類)方法による果実酒用のホワイトリカ-もあり、「ホワイトリカー②」と表記する
   簡単に焼酎の作り方を述べておこう
   米(洗米)を蒸す➔   麹菌を加えて麹を作る➔   麹に酵母菌と水を加えてかき混ぜて寝かす➔   5日程で一次焼酎もろみが出来る➔   この「焼酎もろみ」に水と蒸した芋、麦、黒砂糖などを入れてかき混ぜて寝かす➔   10日程寝かすと二次焼酎もろみが出来る➔   発酵した焼酎もろみに蒸気を拭きこみ沸騰させる➔   噴き上がった蒸気を冷ますと原酒が出来る➔  熟成させて加水して25度~35度にして、瓶詰する