食品7-9   牛・豚・鶏・その他の肉・および加工品

食品7-9 鶏肉(とりにく)    食品7-9 鳥肉(とりにく)
食品7-9 鶏肉(けいにく) 食品7-9 かしわ
食品7-9 かしわ肉 食品7-9 チキン
食品7-9 地鶏肉(じどりにく)
食品7-9 胸肉(むねにく)
食品7-9 むね 食品7-9 笹身(ささみ)
食品7-9 鶏モモ肉(とりももにく) 食品7-9 手羽(てば)
食品7-9 手羽先(てばさき) 食品7-9 手羽元(てばもと)
食品7-9 手羽中(てばなか) 食品7-9 チューリップ
鶏モモ肉(Naturalporklink)
鶏モモ肉(Naturalporklink)

    「とりにく(鶏肉)」はキジ科の家禽で「けいにく(鶏肉)」、「かしわ」、「かしわ肉」、「チキン」とも呼び、にわとり(鶏)の肉のことで、「鳥肉」は一般的には鶏肉をさす
   鶏肉はフライドチキン、唐揚げ、チキンカツ、チキンナゲット、焼き鳥、ミンチにして使用したり、バターなどで焼いたり、蒸したり、醤油などで煮たり大変用途が広い。値段も安くて宗教上において鶏肉を禁止している宗教はないに等しい
   鶏は雑食で品種が大変多く、品種ごとに姿形、羽毛などの色彩などが違う 。かしわ肉は鶏卵を産まなくなったにわとり(鶏)の肉のことを指すこともある

    「じどりにく(地鶏肉)」の生産方法は「地鶏肉の日本農林規格」で決まられており、在来種が100%か、素びなの生産の両親か片親に使ったもので在来種由来の血液百分率が50%以上のもので、出生証明が出来るもの
   そして孵化後飼育期間が80日以上で、28日齢以降平飼いで飼育した鶏(1㎡当たり10羽以下で飼育)

    「胸肉(むねにく)」は「むね」とも呼び、主に鶏の胸の部分の肉のことを言う。脂肪は少なく、肉質は柔らかいので蒸し物に適している
    「笹身(ささみ)」は鶏の胸肉に近い部分の肉で笹の形をしており、柔らかく、脂肪分が少ないので淡泊な味である。やサラダ、和え物に利用する
    「鶏モモ肉」は筋肉質でやや硬く、脂肪のある赤身の肉である。鶏のモモ肉は骨つきで販売されることもあり、煮込みや唐揚に利用する
    「手羽」とは鶏の翼の部分で、「手羽先」と「手羽元」に分かれ、更に手羽先から先端部分を取った「手羽中」がある
   手羽先は肉がなく、主がゼラチン質と脂肪で出汁や唐揚に、手羽中は肉やゼラチン質が多く、骨を手で持って食べやすくするために、肉を骨から一部離したものを「チューリップ 」と呼び唐揚に、手羽元には肉、骨、皮がありから揚、煮物に利用する