塩学入門インデックス

  人は昔から塩を料理の調味料として、また野菜や魚などを長期間保存するために利用してきました。そして現在は家庭はもちろん食品工業、ソ-ダ工業、一般工業製品、家庭用品の原料などとしても使用しています
 でも忘れていけないことは人間が生きていくためには塩を、最低量摂取しなければならないことです。ここでは人間とは切っても切れない関係にある「海からの宝石」である塩をなるべく簡単に解説してみました

 

Ⅰ塩の製法と種類

藻塩焼き                          揚浜式塩田
3入浜式塩田        4流下式塩田(枝条架式併設)
5イオン交換膜塩(膜濃縮塩)            6天日塩(塩田塩)と再製天日塩
7いわゆる自然塩
 
a 立体式塩田(ネット式、枝条架式)  
b 海水蒸発塩(燃料使用)  
c 逆浸透膜塩  
8噴霧製塩(噴霧乾燥と加熱ドラム)      9岩塩
 

 
 
1塩の味について                     
2苦汁(にがり)                   
3-a専売制と塩の自由化                   
4海からの贈り物                             
6紅白塩合戦