Ⅰ塩の製法と種類

*図をクリックすると拡大します
*図をクリックすると拡大します

   現代の製塩方法を説明する前に、日本の製塩の歴史を簡単に説明しましょう

   沖縄や瀬戸内地方は、昔から塩田を使った製塩がとても盛んな地域でした。これら日本の塩田は揚浜式塩田入浜式塩田流下式塩田変遷しましたが、どの塩田にも白い塩は全くなく、濃い海水があるだけでした

   日本の塩田は全く独自のもので、外国とは全く異質のものでした。日本の塩田地帯はメキシコやオ-ストラリアなどの塩田地帯と比べると雨も多く、気温もそれほど高くありません。海水を塩田に引き込んで天日(太陽)と風だけで、自然に塩を析出させる(取りだす)ことは不可能なことだったのです。すなわち日本の塩田は海水を濃くする海水濃縮装置だったと言えます

    現代の製塩方法を説明する前に、日本の製塩の歴史を簡単に説明しましょう