第五章 塩も過ぎれば毒になる 552

  でも塩の中のミネラルは微々たるものですが、今度はニガリそのものです
  「ニガリを摂取すると、生活習慣病、癌、高血圧症を治す力もある」と言う医者もいるのは当たり前のことでした。中には「患者にニガリを飲ませたお陰で、病気が治癒したために病院が開店休業になった」と嘘みたいな話をされる先生もお見えになったのです
  もしそれが事実でニガリに生活習慣病を予防したり、治癒したりする効果があるなら、医者に診療を受ける回数も大幅に減り、多くの製薬メーカーも病院も倒産や閉鎖の憂き目に会うでしょう
  日本の平均寿命も軽く百歳を超え、我々が支払う医療費も半額以下になり、良いことずくめのようです・・・・


  私達はニガリの効果について、大なり小なりの効果はあると認めてはいますが、生活習慣病の癌、高血圧を予防したり治癒したりすることについては懐疑的です
  それは私達の前を身体によいと言って現れ、消えていった健康食品がたくさんあるからです。中にはまったく効果が無かった健康食品も数多くありました


  アガリクスはガンを抑える効果があると信じられている健康食品の一つです
  でも大変高価なのと効果に少なからず疑問を持つ人が多くいます。販売業者は買うことを躊躇している人たちの背中を押すために、高名な医学者の肩書きを利用したアガリクス本を多数出版していました
  数年前に「アガリクス効果を謳う」体験記を書いたライターと、その本を監修した大学の名誉教授、そして出版社の編集者たちが逮捕されたことがありました
  この本の内容がこのライターの創作すなわち、ウソだらけのガン治癒事例を本に載せていたことが分ったからです


  アガリクス本同様にニガリや塩に関する本も沢山出版されています。その著者は医学者、栄養学者、塩の学者また自然塩業者などです
  本の内容を見てみますと、海水学や塩の科学などの大学生向けの専門書、自然塩やニガリの宣伝本や効能本、食塩のミネラル欠落批判などの批判本などです
  中には自然塩摂取したことで癌や高血圧などの生活習慣病などが治癒した事例が、多く載せてある本もあります


 健康な人ならばそれらの治癒例を冷静に判断することが出来ます
  しかし実際ガンや生活習慣病に罹り明日の命も保障されていない人、 苦しみぬいている人、またその家族ならば「溺れる者ワラをも掴む」の諺ではありませんが、このような本を簡単に信じてしまうでしょう
  その治癒例が事実なら問題ありませんが・・・・

セット販売・・・健康食品とその効果を謳う本とをセットで売ることを言う

さて自然塩本の中には、いろいろな自然塩やニガリなどを写真入りで解説してある本もあります。よく見ると中には薄黄色や薄茶色また黒色のニガリも多くあります
  ニガリは海水を煮詰めて出来た滓、すなわち塩を取り去った残りです。海の汚れが濃縮されている可能性もあり、
安全(健康)と危険が背中あわせと言われています。塩学者、そして大手ニガリメーカーなどは「ニガリは本来無色、透明なもの」と本やホームページに、またパンフレットなどに記載しています
  しかし着色したニガリを販売している業者などは「微量ミネラルなどの色で、別に問題がない」と言い切りますが
 ・・・・


   ニガリの安全性については「一番安心して摂取できるのは イオン交換膜の製塩時に出来る「膜ニガリ  」とよく言われています
  塩田ニガリも釜煎りニガリも海の汚染が気になるからでしょう
  それらを選ぶときは産地を考えて選ぶべきです。ニガリには有益なミネラルのマグネシウム、カリウムが豊富で、膜ニガリにはさらに身体に吸収出来るカルシウムまで含まれています
  ミネラルを大量に摂取出来ますが、摂取し過ぎると腎臓などに負担がかかるだけでなく、下痢を起こしたりして健康を損なう恐れもあります


  このような過熱気味のニガリブームでしたが、一度に大量に摂取したことにより事故が起きて、死亡者が出てしまいました
  国立栄養研究所は「ニガリのダイエット効果には根拠がなく、下痢や重大な健康障害を引き起こす危険性もある」と警告情報を流し始めたために、ブームもあっという間に終わりを告げたのです

 

                          前のページ 次のページ