たねや 斗升最中と栗まんじゅう

斗升最中と栗まんじゅう

  たねやは創業が明治初期、滋賀県近江八幡市の有名な和菓子屋です
近年たねやは積極的な事業展開をしており、洋菓子部門への進出には目を見張るものがあります
  たねや洋菓子部門であるクラブハリエが、デパ地下でバームクーヘンの実演販売しており、多くの人が買うために列をなしています
  今回はたねやの人気の斗升最中(ますますもなか)たねやの原点でもある代表的な和菓子栗饅頭を紹介しよう

 

   写真は滋賀県彦根市の美濠の舎のお店で、目の前には彦根城があります

斗升最中(ますますもなか)と栗饅頭 1050円

  斗升最中3個と栗饅頭3個の詰め合わせ(1050円)

斗升最中(ますますもなか)  通年販売

   の形をした最中で、ますます繁盛、ますます幸が訪れるように願いがこめてあるそうです
  一つの最中で粒餡柚子餡を二度楽しむことが出来ますが、何か物足りません。餡子好きにして見れば柚子餡は邪道で、全て小豆の粒餡でもっとどっしりと詰めてもらいたいものです

   柚子餡は柚子の皮をすりおろしたものと白餡が混ざったもの
(食の安全と安心のホ-ムペ-ジより)

栗饅頭 通年販売

  たねやが戦後もののない時代に売りだしたのが栗饅頭。旨いと大評判となり現在のたねやの基本となっています
  この栗饅頭白餡ですが、の粒が入っています

斗升最中の原材料表示

栗饅頭の原材料表示

  ソルビトールとうもろこしやジャガイモなどのでん粉加水分解したブドウ糖を原料に、水素添加して製造する(糖アルコール) 
  甘味は砂糖の60%で、自然にはリンゴや梨などに含まれている
  虫歯になりにくく、甘味料としていろいろな食品に使われているまた食品の保湿効果冷凍変性防止に、加熱しても着色しないので品質改良剤としても使う
(食の安全と安心のホームページより)