フランスの香り

フランスの香り

  今日はサントリーオランジーナ(果汁炭酸飲料)を取り上げてみました
  オランジーナは2012年3月サントリーが販売したオレンジなどの柑橘系果汁が12%入った炭酸飲料です


  (TVのオランジーナのCMではアメリカ人のリチャード・ギア-がフランス版の「フーテンの寅」を演じて好評をえている)

オランジーナ(420mlボトル、 280ml缶)

   オランジーナの売れ行きは飛ぶ鳥を落とす勢いで、僅か1ヶ月で年間販売計画量の200万ケースを突破、6月末には400万ケースに達したために、サントリーは販売計画量を800万ケースに変更したのです 
  私の住んでいる町(人口8000人)のドラッグストア-でも、11月下旬にはオランジーナの在庫が無くなり、やっと12月に入荷したのでした

 清涼飲料水の雄コカコーラ社は、慌てて似たような商品のシュウェップス ブリティッシュ レモントニックを2012年6月販売したのです

オランジーナは?

 オランジーナには柑橘類果汁12%やオレンジピールが使われているために、苦味酸味が少しありますがスッキリした甘みが特徴です
このスッキリした甘み砂糖などが大きく影響しています。またカロリーゼロなどを標榜としている 清涼飲料水などが使用している甘味料アセスルファムK、スクラロース、アスパルテームなどが使われていないのも原因だと思われます
それはこれらの甘味料には独特の甘味、そして後味の悪さがあるからです

  シュウェップス ブリティッシュ レモントニックレモン果汁3%、カフェインカッシア酸味料が使われており、酸味はほどほどですが苦味が勝ちすぎる気がしました。そして甘味料にはアセスルファムK、スクラロースが使われており、飲んだ瞬間「これは売れないな」と感じた次第です

 

アセスルファムK、スクラロース、アスパルテーム砂糖の200~600倍の甘さを持つ人工甘味料
カフェインカッシア清涼飲料水などに苦味を与えるために使用する
(食の安全と安心のホームページより)

オランジーナ(表面)  420ml(87円~140円)

  420ml(ボトル)はコンビニでは140円、しかしス-パ-では87円~88円(岐阜県、愛知県、しかし三重県、滋賀県95円~97円)

オランジーナ(裏面)

オランジーナ(280ml缶)

 ペットボトルでもでも原材料は同じ、缶入りのオランジーナでも缶独特の味はあまりしません

オランジーナの原材料名

  オランジーナ原材料は「果実(オレンジ、レモン、マンダリンオレンジ、グレープフルーツ)、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、果実繊維、オレンジピールエキス、炭酸、香料