関ケ原の土産  合戦真っ最中

関ケ原土産  合戦真っ最中 餅惣(6個入り1000円)

  関ケ原お土産を紹介しましょう
  合戦真っ最中サブレ最中の皮を被せたもので、きなこ味味噌味があります

  最中サブレまたきなこ(石田三成)と味噌(徳川家康)と対戦しているようなイメージを与えています
合戦真っ最中(6個入り1000円)

合戦真っ最中を開けると

  箱を開けると右側に味噌味の家康が3個、左側にきなこ味の三成が3個入っています

菓子皿に座った三成と家康

  きなこ三成味噌家康もかわいいで包まれています

鎧を脱がされた三成と家康

  味噌家康の方がサブレの生地の色が濃い

鎧姿の家康と裸にされた家康

 愛嬌があるパッケージデザインです

鎧姿の三成と裸にされた三成

裏側は最中の皮

  サブレの味はまあまあ、しかし最中の皮はパリパリしており食感を楽しむことが出来ます
  味噌の方がきなこより味が濃く旨い
   この合戦は味噌の家康の勝ちです

味噌の家康の家柄

   「豆味噌」の製造方法
 大豆を洗浄➔   を潰す➔   蒸し煮➔   拳ほどの玉(味噌玉)を作り表面に麹を付けて「豆麹」を作る➔   発酵した味噌玉を潰して食塩と水を加えて攪拌➔   大きな桶に入れて上から数トンの重しをのせる➔ それを潰してと水を加えて発酵熟成
このような工程を経た味噌が数年間熟成させたものが「八丁味噌」である
 (食の安全と安心のホームページより)

きなこの三成の家柄