美味しい料理を食べました

宝善亭(徳川美術館敷地内)

  今回は名古屋市東区にある宝善亭をご紹介しましょう

 法善亭徳川園東端(茶室の前)にあり、徳川美術館から法善亭へ、宝善亭から徳川美術館へ出入りができます
 法善亭は名古屋市内では有名な仕出し屋の八百彦本店が経営しているお店です。仕出し屋ですが江戸時代・享保年間より現在まで続いており、名古屋料亭料理屋さんより美味しい料理を出すと噂されています



  量も、味も大満足、思わず写真を撮るのを忘れてしまいます(7500円)

先付(たこ、ヤングコーン、キュウリの雲丹和え) 

左側から オクラのゼリー寄せ(黒豆のせ) 唐墨  蓮根餅  川海老の唐揚

 

見た目より数倍の美味しさでした。材料も多岐にわたり、おまけに高級材料唐墨が使われていました

前菜(胡麻豆腐 おくら、雲丹、じゅんさい添え)

 胡麻豆腐はあまり好きではありませんが、独特の癖もなく美味しく食べることができました

椀物(蟹の真薯の吸物 白瓜、柚子添え)

  出汁も効いておりもっと飲みたいと思った腕物でした

造里(造りの三種盛 )

 鮪、ハマチ、烏賊細造り(キュウリの台座) 雲丹(大根の台座) 平目とその縁側(とうもろこしの台座)

 

プリプリ感がたまらない刺身でした

焼物(丸茄子と鮎の塩焼)

  は少し大振りでしたが、上手に焼けており、添えてある蓼味噌、焼いた味噌が食欲をそそりました

煮物(冬瓜の射込み温泉卵蟹餡かけ)

  冬瓜和食中華料理でよくでてくる野菜です
   多くの料理は冬瓜の美味しさを引きだしていませんでした
   しかし今回の煮物冬瓜、温泉卵、蟹ハーモニーが素晴らしく、改めて冬瓜の美味しさを認識しました

油物(ヒレ肉のステーキ 万願寺とうがらし、ズッキーニ、フライドガーリック添え)

 和食でのステーキ、肉は柔らかく旨味があり、それを上手に引き出すためにフライドガーリックタレが添えてありました
  久し振りに美味しいステーキを食べました

酢の物(焼きほたて 蓮根 サヤエンドウ、プチマリン)

蒸し物(茶碗蒸し)

  出汁の旨さが際立った茶碗蒸し、それにマッチした桜エビ御飯
   お腹は一杯ですが、もっと料理を食べたいと思いました

食事(桜えびの御飯)

水菓子

  メロンは十分に熟しており、ジューシーで甘みも最高潮
  写真では貧弱に見えますが、食べ応えがある切り方がしてあります 
 まるで弘法屋高野で買った、静岡のクラウンメロンのような感じがしました